【成田の飛行機撮影ポイント】東峰トンネル入口


 成田の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その7 東峰トンネル入口

他の成田飛行機撮影ポイントを見る
成田空港のRWY34Rエンド西側、東峰トンネル入口付近で撮影した白ジャンボ。東峰トンネルは、成田空港の第二ターミナルとB滑走路を繋ぐタキシーウェイの下を通るトンネルです。成田空港が北風運用の時、トンネル東側の入口付近の上空を飛ぶRWY34Rへランディング直前の飛行機を至近距離から撮影出来ます。

成田で飛行機~ハワイの美しいヤツに迫る!

CANON EOS R5・RF24-105mm F4L IS USM・F8.0・1/1000秒・ISO2500

 東峰トンネル入口の場所 

 東峰トンネル入口のお奨め時間帯 

東峰トンネル入口付近の道路。奥に小さく人が写っているあたりが撮影ポイント。歩道上のため、駐車場、トイレはありません。午前11時頃から順光です。

【成田の飛行機撮影スポット】東峰トンネル入口

 東峰トンネル入口はこんな場所です 

撮影ポイントの南側は、「(有)三里塚物産」と書かれた木の看板があります。ラッキョウが有名らしいですが、奥に工場があるようです。

【成田の飛行機撮影スポット】東峰トンネル入口

右奥に進むと東峰トンネル。遠くに小さくRWY34Lから離陸した飛行機が見えます。

【成田の飛行機撮影スポット】東峰トンネル入口

「この先、生活居住区につき関係者以外の立ち入りを禁ず」とあります。むやみに立ち入らないようにしましょう。奥に写っている車は警備会社の車です。頻繁に巡回していますが、歩道上で飛行機を撮影しているだけであれば何も言われることはありません。

【成田の飛行機撮影スポット】東峰トンネル入口

上の写真の左側の眺め。成田空港のRWY34Rへ着陸する飛行機は、この写真の中央やや右寄りからアプローチしてきます。

【成田の飛行機撮影スポット】東峰トンネル入口
他の成田飛行機撮影スポットを見る

 東峰トンネル入口で撮影した飛行機 

ポーラーのカーゴジャンボ。望遠レンズを使わずにこの大きさで飛行機を撮影出来ます。

ポーラージャンボの無機質な美に息を飲んだ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

成田のRWY34Rの誘導灯、左にくねっと曲がる道路、そして、そこへ降りてくる飛行機。この雰囲気が好きです。いいでしょ!

成田で飛行機~カンタス!A330を捉える

CANON EOS R5・RF24-105mm F4L IS USM・F8.0・1/1000秒・ISO2500

真正面から捉えたキャセイのエアバスA350。色々なアングルから飛行機写真を狙えるのは、東峰トンネル入口前の魅力だと思います。

成田で飛行機~A350を正面から狙う

CANON EOS R5・RF24-105mm F4L IS USM・F8.0・1/1000秒・ISO1000

タキシング中の飛行機がこうやって目の前を通るところも見れますよ!

成田で飛行機~ココを飛行機が通ると、おっ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

コミュニティバスが走っていますが、本数はかなり少ないです。

【成田の飛行機撮影スポット】東峰トンネル入口

最後の写真。フィンエアーのエアバスA350です。太陽が良い具合に飛行機と重なってくれるタイミングで撮影しました。

成田で飛行機~真昼間にシルエットでA350

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

【成田の飛行機撮影ポイント】東峰トンネル入口」への7件のフィードバック

  1. ピンバック: エバーのハローキティジェットを渋いポイントで | MGT Greenjet 飛行機撮影記

  2. ピンバック: チャイナエアラインのA350@東峰トンネル前 | MGT Greenjet 飛行機撮影記

  3. ピンバック: チャイナエアラインのトリプルセブン@東峰トンネル | MGT Greenjet 飛行機撮影記

  4. ピンバック: キャセイパシフィック・カーゴのジャンボ@東峰トンネル前 | MGT Greenjet 飛行機撮影記

  5. ピンバック: エアバスA320@東峰トンネル東側入口前 | MGT Greenjet 飛行機撮影記

  6. ピンバック: 大韓航空のジャンボジェット@東峰トンネル前 | MGT Greenjet 飛行機撮影記

  7. ピンバック: スクート・タイガーエアのボーイング787 PartⅡ | MGT Greenjet 飛行機撮影記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください