成田で撮影した飛行機」カテゴリーアーカイブ

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

 野球場ポイント@成田 

ターコイズカラーの飛行機が少しずつ大きくなってくる。まだ誰もカメラを構えていない、こんなシーンを撮るのもたまには面白い。森の向こうからアプローチしてくる飛行機。農作業の軽トラもフレームに入れる。成田らしいローカルな飛行機写真が成立する。やっぱ飛行機写真は良い。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

さらに飛行機写真にトラクターを絡める。いつの間にか、僕の前にいた男性もベトナムのエアバスA350にレンズを向けていた。そりゃ撮るさ。この格好良い飛行機を撮らない選択肢は無いでしょ。ココ成田、野球場ポイントでは標準ズームレンズで成田らしいローカルな畑を絡めた飛行機写真が成立します。敢えて脇役のトラクターにシグネチャーをかけました。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

 飛行機写真を撮るポジション 

成田の赤い進入誘導灯とベトナムのエアバスA350。このあたり、飛行機写真の一番美味しいアングルです。フレームに入ってくる地上の風景は、同じ成田 野球場ポイントでも、少しポジションが変われば、全然変わってきますよね。ポジションを変えて、同じ飛行機を何度も狙うのも面白いと思います。それも飛行機写真の奥深さ。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

真っ直ぐ延びる畝の向こうにベトナムのエアバスA350。これも成田 野球場ポイントで撮る飛行機写真の中で、僕が好きなカットの一つ。この写真を撮れる場所だと、僕が野球場ポイントで撮れる飛行機写真でもう一つ大好きな、東関東自動車道上空を横切る飛行機写真は撮れません。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。次回成田のBラン側でベトナムのエアバスA350を狙う時は、東関東自動車上空横切りショットを狙うのかな。南風の時ではないと撮れないので、いつのことになるやら。北風が多い季節に南風の成田の飛行機写真でした。

成田の畑とベトナム航空のエアバスA350

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

エバーのB787-9を南風の成田で捉える

 野球場ポイントにて 

成田の畑の上に現れた飛行機。お腹から垂直尾翼にかけて、鮮やかなグリーンが印象的な飛行機は、エバー航空のB787-9 Dreamliner。昨年秋の就航開始から散々撮った気がしていましたが、南風の成田でこの飛行機の写真を撮るのは初。久しぶりの再会です。

エバーのB787-9を南風の成田で捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

エバー航空のBR198便が成田に到着する13時前。この時間帯の成田の飛行機は、個人的に話題性が少ないと感じてます。コリアンエアーの703便にジャンボ(B747)はアサインされないし、チャイナエアの100便にたまにA350がアサインされるくらい。エバー198便のB787は嬉しいでしょ。

エバーのB787-9を南風の成田で捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

 成田のローカル畑と飛行機 

エバー B787の眼下に成田の赤い進入誘導灯が見えてくる。野球場ポイントで飛行機写真を撮る時は、標準ズームで地表を絡めたいのが僕のスタイル。成田を象徴するような、ローカルな畑が目一杯フレームに入ってくるのが野球場ポイントの魅力ですね。。

エバーのB787-9を南風の成田で捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

東関東自動車道上空をエバーのB787が通過する。大型台風が過ぎ去った成田は、パッと見た目は何事も無かったように見えましたが、一本裏道に入った成田によくある獣道は木々が倒れまくっていました。車は問題無く通れましたが、道路の左右は凄いことになっていました。台風の恐ろしさを思い知らされます。

エバーのB787-9を南風の成田で捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。エバーのB787は、そろそろ十余三東雲の丘展望広場にいる人たちがカメラを構え始める距離に入ってきたかな。僕が次にこの飛行機の写真を撮るのは十余三東雲の丘かな。北風の時には散々撮ったので。時は北風の日が多い季節の成田。当面先の話になりそうです。

エバーのB787-9を南風の成田で捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

 東峰地区での選択@成田 

成田市東峰地区。成田空港RWY34RエンドでノックスクートのB777を狙う。僕がこの時選んだ撮影ポイントは、東峰トンネル入口前。飛行機の機体上部が白飛びしそうなくらいの、強烈な日差しを浴びた飛行機写真になりました。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

時間帯的に滑走路の東側か西側か、どっちで飛行機写真を撮るか悩ましいノックスクートのB777が成田に到着するタイミング。前回RWY34RエンドでノックスクートのB777を撮った時は、東側の東峰神社前を選んだので、今回は西側の東峰トンネル入口前を選びました。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

 ノックスクートの顔 

ノックスクートのB777については、東峰トンネル入口前の選択が正解かな。まだ完全な順光にはなってませんが、飛行機の下部付近まで太陽の光が回っていました。ノックスクート B777の顔は少し影になりましたが、全然OKな飛行機写真。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

東峰トンネル入口前で撮る飛行機写真は、大きく左にカーブする道路がフレームインしてくるのが魅力。この日は青空のグラデーションがキレイでした。ノックスクート B777の主翼は奇跡的に先端がギりでフレームイン。道路をこれだけ大きくフレームインさせながら、B777級の飛行機全体を写真の中に入れたのは我ながら見事。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

 東峰トンネル入口前の難点 

誰もいない東峰トンネル入口前。東峰神社前は10人くらいいましたが、コッチには全然来ません。すぐ横を頻繁に車が通るので注意が必要ですが、飛行機写真撮影ポイントとしては、結構良いと思いますよ!望遠レンズが要らないくらい近くを飛行機が通ります!

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。あっと言う間に飛行機が行ってしまうのが、東峰トンネル入口前の難点。成田はそういう飛行機写真撮影ポイントが何ヵ所かあります。ノックスクート B777も当然あっという間に飛び去っていきました。感覚を掴めれば、上手いことフレーミング出来るようになってくる。

ノックスクートB777を東峰トンネル前で

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・東峰トンネル
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

NCAジャンボの離陸は断然東雲の丘だろ!

 十余三東雲の丘にて 

北風の成田。着陸がメインのB滑走路ですが、午前中何機かの出発があります。小型機ばかりの中で唯一の大型機が11時30分に離陸。この飛行機はNCAのジャンボ(B747)。手前に偶然写り込んだプライベートジェットが、ジャンボ(B747)のデカさを引き立てているような飛行機写真です。

NCAジャンボの離陸は断然東雲の丘だろ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

上海行きのNCAのジャンボ(B747)がフロントギアを上げ始めたところ。成田のRWY16Lエンドにある十余三東雲の丘展望広場からであれば、RWY34Rから離陸する飛行機のエアボーン写真を前から至近距離で撮れる!

NCAジャンボの離陸は断然東雲の丘だろ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 飛行機のメラメラ 

成田のA滑走路両エンド、さくらの山やひこうきの丘だと、エアボーンの瞬間写真は距離があり過ぎて、どうしても飛行機がメラメラだらけになってしまう。十余三東雲の丘で撮る飛行機のエアボーン写真はメッチャキレイでしょ。

NCAジャンボの離陸は断然東雲の丘だろ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

十余三東雲の丘の欠点は、電柱被り。電線も被る。2-3枚目の飛行機写真も電線が写っていましたが、Photoshopで消しました。NCAのジャンボ(B747)の一番美味しいところで、シャッター切りを一旦止めるハメになります。

NCAジャンボの離陸は断然東雲の丘だろ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 Bラン側で撮るNCAジャンボ 

日本のエアラインで唯一ジャンボ機(B747)を運行するNCA。成田へ飛行機写真を撮りに行く時の大きな楽しみの一つです。NCA ジャンボ(B747)の場合Aラン着陸が多いので、Bラン側でこの飛行機を撮れるのは貴重な機会になります。

NCAジャンボの離陸は断然東雲の丘だろ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後の写真。成田のランウェイエンドに程近い十余三東雲の丘と言えど、飛行機のバックショットでは既にギア格納完了している状態。南風の時に東峰神社前のオーバーフェンスでNCA ジャンボ(B747)のエアボーンを狙いたい。。

NCAジャンボの離陸は断然東雲の丘だろ!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・十余三東雲の丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

東峰神社前で撮った逆光の白ジャンボは最高

 超絶迫力の飛行機 

成田のRWY34Rに迫る白ジャンボ(B747)。東峰神社入口前、小型系の飛行機が続いた後に来た白ジャンボ(B747)の迫力は超絶!やっぱ4発機は最高でしょ。撮影時刻は10時30分過ぎ。東峰神社入口前で撮る飛行機写真は既に逆光となる時間帯です。

逆光の東峰神社前で撮った白ジャンボは最高

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO125

過去の僕のブログに上げた白ジャンボ(B747)のアクセスが増えている。理由は不明。どっかで話題になっただろうか。日本では成田でしか見られないこの飛行機。成田に来れば毎日見れる飛行機ですが、その希少性は高い。

逆光の東峰神社前で撮った白ジャンボは最高

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO100

 逆光が許される飛行機 

逆光の白ジャンボ(B747)。逆光にして正解でしょ。朝焼けや夕焼けバックではないのに、逆光で写真を撮るのを許される飛行機は白ジャンボ(B747)のみかな。と僕は思います。真っ白い無地の謎の飛行機を、潰し気味で撮るとその迫力が倍増する気がしますね。

逆光の東峰神社前で撮った白ジャンボは最高

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO100

東峰神社の鳥居前ではなく、入口付近で撮ったのも大正解でしょ。この逆光の白ジャンボ(B747)。潰し気味で撮った白ジャンボ(B747)の機体と、無機質な鉄板フェンスのバランスが良かったと思います。メッシュフェンスだったらこの雰囲気は出ないでしょ。

逆光の東峰神社前で撮った白ジャンボは最高

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO125

 成田最高 

飛行機の一番美味しい角度。特にジャンボ(B747)のこの角度は最高です。右翼がギりフレームイン。有刺鉄線もギりで飛行機に被らず撮影出来ました。割れながら良い飛行機写真。白ジャンボ(B747)に惚れ惚れです。

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO125

最後の写真。飛行機写真としてギリギリ成立するところで、白ジャンボ(B747)のアッパーデッキエンド付近にハイライトが入りました。やっぱ美しい白ジャンボ(B747)の姿。こんな飛行機写真が撮れる成田は最高です。

逆光の東峰神社前で撮った白ジャンボは最高

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO160

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・東峰神社
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

フライングホヌ2号機に超迫力で迫ったぞっ

 さくらの山展望広場下から 

久し振りの成田。午後3時半過ぎに撮ったのはANAの183便。アサインされていた飛行機はエアバスA380。フライングホヌの2号機です。ANA エアバスA380 フライングホヌ 2号機の写真はこれで3回目。さくらの山展望広場下から超迫力ショットを狙いました。

フライングホヌ2号機を超迫ショットで迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO800

この後成田に来るANAの181便には、エアバスA380 フライングホヌ 1号機がアサインされていましたが、この日は残念ながらパス。定刻前に来てくれれば全然行けると思いますが、遅れて5時近くになると時期的にさすがに厳しい。

フライングホヌ2号機を超迫ショットで迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO640

 3回目のフライングホヌ 2号機は 

さくらの山展望広場、ゲジポイントを経てさくらの山展望広場下、成田で新しい飛行機写真撮りの僕の恒例ルートとなった3回目のエアバスA380 フライングホヌ 2号機。最近人が多いと思っていた、さくらの山展望広場下ですが、この日は先客が一人のみ。勿論、休日なのでさくらの山展望広場は人ギッシリ。

フライングホヌ2号機を超迫ショットで迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO500

県道44号線上空を通過する、ANA エアバスA380 フライングホヌ 2号機。営業運行が始まって以降、まだ成田で北風の時に撮ってない。この日昼過ぎまで北風で、畑ポイントで撮ろうと思っていましたが、結局さくらの山展望広場下での撮影となりました。

フライングホヌ2号機を超迫ショットで迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。真横を向いたエアバスA380 フライングホヌ 2号機。3号機のエアバス社からANAへの引き渡し時期が延びたとの噂を、さくらの山駐車場で会った人から聞いたぞ。立ち聞きだったので詳細は不明ですが、気になるニュースですね。ネットで調べましたがよくわかりませんでした。

フライングホヌ2号機を超迫ショットで迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・さくらの山
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

遂に撮った!飛行機と京成線のコラボ~成田

 さくらの山の裏手にて 

成田市さくらの山にて。何度も狙った、さくらの山の裏を通る京成線の電車と成田空港RWY16Rへランディング直前の飛行機のコラボ写真。恐らく撮れる機会は無いのだろうな、と思っていた夢のような瞬間は、何の前触れも無く突然やって来ました。

遂に撮った!飛行機と京成線のコラボ~成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO640

ぶっちゃけタイのエアバスA380を狙っていた夕方4時。一本前に来たユナイテッドのB777。成田では何かとユナイテッドの飛行機との相性は良い。電車はフツウに各停かな。スカイライナーではないけど、そこは納得。

遂に撮った!飛行機と京成線のコラボ~成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO640

 下り電車と飛行機 次は。。

撮影場所はフェンスがあるので三段脚立必須。ユナイテッドのB777はスルーしようと思っていたので、脚立に上ってなかったのですが、後ろから電車の音。下り電車です。急いで脚立に上って撮ったこの電車と飛行機のコラボ写真。よく撮ったわー。。

遂に撮った!飛行機と京成線のコラボ~成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO500

下り電車はココではだんだん遠ざかっていく。。手前の名前はわからないけど、ゲートみたいなヤツが邪魔だった。いつも誰もいないさくらの山裏手の京成線線路に架かる橋の上。珍しく一眼を持った人が僕以外にもいました。こんな面白い飛行機写真が撮れることもあるのさ。

遂に撮った!飛行機と京成線のコラボ~成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO500

最後の写真。さくらの山のこの場所での飛行機写真は、これで終わりではない。次は上り電車。スカイライナー、飛行機はジャンボとかA380。望み出したら切りがないけど、願望は色々。だから飛行機写真は面白い。これからも、このさくらの山のポイントに通うことになると思います。仲間が増えると良いと思いますけど。皆さんいかがだろうか。。

遂に撮った!飛行機と京成線のコラボ~成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・さくらの山
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

さくらの丘で捉えたスターウォーズBB-8

 スターウォーズジェットを成田で捉える 

久し振りに成田で捉えたANA スターウォーズジェット BB-8は、ワシントン・ダレス行き。RWY16Rからのテイクオフをさくらの丘展望広場で撮影しました。イメージよりだいぶ低いかな。。成田の管制塔を掻い潜って飛び出してきた感じ。

さくらの丘で捉えたスターウォーズBB-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

スカンジナビア(SAS)のA340よりは高いと思いますが良い感じの低さ、ANA スターウォーズジェット BB-8。北米方面行きの飛行機とはいえ、あまりにも低い飛び出し。成田が北風運用の時に奥の細道で撮ったら管制塔串刺しショットになりそうな勢いですね。

さくらの丘で捉えたスターウォーズBB-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 羽田 or 成田 

まだ地上ブツが絡む!ANA スターウォーズジェット BB-8。エアボーンはゆったり目でしたが、さくらの丘展望広場前に差し掛かる頃には、急上昇を始めていました。何故かここのところコノ飛行機のランディングシーンを逃し続けています。そろそろ捕まえたいところです。

さくらの丘で捉えたスターウォーズBB-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

成田や羽田に行けばそこそこの確率で遭遇出来るとはいえ、国際線アサインの飛行機であるANA スターウォーズジェット BB-8。北米やヨーロッパに行ってしまうと、戻ってくるのは次の日。羽田 or 成田、コノ飛行機がどっちに戻ってくるかはその時にならないと分からない。意外と会いたくても会えないよね。。

さくらの丘で捉えたスターウォーズBB-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 BB-8の成田での遭遇率 

成田で捉えるANA スターウォーズジェット BB-8。まだ、撮っていない撮影ポイントは多数。同じく国際線アサインのR2-D2の方が全然撮ってる。偶然だろうか。成田に飛来する確率は変わらないと思うけど。。

さくらの丘で捉えたスターウォーズBB-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。飛行機の進行方向を少し空け気味の構図で、ANA スターウォーズジェット BB-8の後ろ姿。連写で捉えたショットの中から、大きめの雲の飛行機へのかかり具合が一番良い写真をセレクトしました。

さくらの丘で捉えたスターウォーズBB-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・三里塚さくらの丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

 シャーメンのB787がまさかの。。

成田市三里塚さくらの丘で捉えた飛行機は、RWY16Rをテイクオフしたシャーメンエアー(厦門航空)のB787。思っていたよりだいぶ低いです。まさかのシャーメンエアー(厦門航空)のB787、成田の管制塔絡みショット。想定外の出来事にテンションが上がった飛行機写真。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

成田線に入るB787では断トツのエアボーンの早さ、シャーメンエアー(厦門航空)のB787。前後して撮ったJALのA350(テストフライトで成田に来ていた1号機)のエアボーンがかなり早かったのですが、同じくらいの早さを想像していただけに意外。結果的にはGood。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 シャーメンか厦門か 

検索サイトで「シャーメン」で検索するとほとんど記事が出てこないことに最近気づきました。シャーメンだと上の方に出てくるのは僕の記事ばかり。「厦門」で検索するのが大半のようですね。コールサインも「シャーメンエアー」ですが、意外と皆さん読めない「厦門」でいくのね。。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

さくらの丘正面あたりでギア格納完了したシャーメンエアー(厦門航空)のB787。ギア格納のタイミングは、直前に撮ったベトナム航空のA350と同じくらい。高度はシャーメンエアー(厦門航空)のB787の方が全然低い!

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 成田線のB787 

成田で飛行機を撮っていて、誰かが「厦門」と言ってるのを聞いたことが無い。「シャーメン」と言っているのはチョイチョイ聞きますけど。調べれば調べるほど厦門なのね。中国語の発音はシャーメンですが、厦門は閩南語だそうで。これも読めない。「びんなんご」だそうです。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。さくらの丘展望広場で見るシャーメンエアー(厦門航空)B787の後ろ姿。翼がしなってますね。KLMやエバーも成田線にB787を投入しました。もっともっと海外勢エアラインのB787投入が増えて欲しいですね。。

さくらの丘で捉えるシャーメンのB787!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・三里塚さくらの丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

ゲジポイントで!シャーメンエアーB787

 成田のゴッツいフェンスと飛行機 

少し霞み気味のマロウドホテル成田手前をホワイト&ブルーの飛行機が横切る。シャーメンエアー(厦門航空)のB787。成田のゴッツいフェンスの隙間に差し込んだ、大口径望遠レンズで捉える一瞬で過ぎ去る飛行機。上手くいけばしてやったり。ピントもしっかりきてますね。

ゲジポイントで!シャーメンエアーB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

経験と感で焦点距離とアングルを決め、飛行機の到着を待つゲジポイントでの撮影。暫くゲジポイントに来てないと、お目当ての飛行機の前にリハーサルをしておきたい。このシャーメンエアー(厦門航空)のB787の時はぶっつけ本番でした。こんだけゲジポイントに行ってればどうにかなるね。。

ゲジポイントで!シャーメンエアーB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 中国勢の飛行機ツーショット 

ランウェイ手前で待機する飛行機が、フレームに入ってくる。まだマロウドホテル成田の建物が丸っと写ってますね。僕は、ゲジポイントではEF100-400mmのワイド側で撮ります。標準ズームの望遠側で撮るよりは、EF100-400mmの切れ味に期待したい。

ゲジポイントで!シャーメンエアーB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

シャーメンエアー(厦門航空)のB787とチャイナサザンのA320。成田のRWY16R上で中国勢の共演。ブルーカラーを基調とした飛行機同士のツーショットは相性抜群ではありませんか。手前がB787、奥がA320となり大小のバランスも良いですね。

ゲジポイントで!シャーメンエアーB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 ゲジポイントのルーティーン 

今度はブリティッシュのB787がフレームに入ってきた。ダブルB787の飛行機ショット。ほとんど隙間の無い成田のゴッツいフェンスの間を、少しだけレンズを右に振る。レンズを振るスピードは、コレも経験と感でいくしかない。まぁ、何とかなるでしょ

ゲジポイントで!シャーメンエアーB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。レンズを目一杯右に振り、飛行機の鼻先が見えなくなるまで連写したら、一連のゲジポイントでの飛行機ショットは一旦終了。モニターで結果を確認するルーティーン。ダブルB787がキレイにフレームに収まりました。次のお目当ての飛行機到着まで脚立に座って待つ。これがゲジポイント。。

ゲジポイントで!シャーメンエアーB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・ゲジポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る