羽田で撮影した飛行機」カテゴリーアーカイブ

たまにはANA・スタアラのB777~羽田

 第二ターミナルにて 

羽田に行けば一日で何度か遭遇する、ANAのスタアラ機。B767やB737バージョンもありますが、やっぱり写真に納めたい飛行機はB777。第二ターミナル展望デッキから捉えた飛行機は、バックに対岸の内房の風景を望遠レンズで引き寄せた、珠玉の飛行機写真になりました。

たまにはANA スタアラのB777~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

羽田の第二ターミナル展望デッキで捉える着陸機のショットは、第二ターミナルエプロンエリアを行き来するANAの飛行機がやたらと手前に被ってきます。スタアラB777のランディングシーンは、タイヤスモークショットをクリアーに撮れるか。羽田の展望デッキで撮る飛行機写真の泣き所。。

たまにはANA スタアラのB777~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 羽田で一番好きなシーン 

ANA スタアラB777、迫力のランディングシーン。地味なタイヤスモークショットを何とかクリアーに撮れました。背後に入った房総の火力発電所の煙突がお気に入りの写真。羽田で撮る飛行機写真で最も好きなシーンの一つ。手前のANAのB737は邪魔ではありますが、こういうマッチアップも嫌いではない。

たまにはANA スタアラのB777~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

ANAのエアバスA320とマッチアアップした、スタアラのB777。おーっ!タイヤスモーク全然引っ張らない。上手いね。。スタアラのロゴの「STAR ALLIANCE」はもっと太くても良いのでは?と思うのは僕だけだろうか。。

たまにはANA スタアラのB777~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 B787のスタアラ機 

フロントギアが接地したANA スタアラのB777。ANAのスタアラ機はB787もいるよね。主に成田/ホノルル線あたりに入っているっぽいです。まだ僕は撮ってない。まだ撮ってない飛行機の中ではイチバン撮りたい飛行機のうちのひとつかもしれません。

たまにはANA スタアラのB777~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。東京ゲートブリッジとANA スタアラのB777。葛西臨海公園の観覧車も見えます。スタアラ塗装機は、この黒い垂直尾翼が良い。羽田の第二ターミナル展望デッキから撮る飛行機は、次々にフレームに入ってくる、海の向こうに見える建造物との絡みが楽しい。

たまにはANA スタアラのB777~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

ベア・ドゥ北海道ジェットのランディング!

 羽田の第二ターミナルより 

ココは羽田。第二ターミナル展望デッキから眺める飛行機のランディングシーン。東京湾を背景に、対岸の房総半島の火力発電所や工場群を背景に取り込んだ飛行機の写真を撮影出来る。飛び込んできた飛行機はエアドゥのB767。特別塗装機の「ベア・ドゥ北海道ジェット」。

ベア・ドゥ北海道ジェットのランディング!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

羽田のRWY34Rにランディングする、エアドゥのB767を撮るのは結構久しぶり。前回撮った1年前とはポジションを変えたことが奏功したかな。前回は背景に入らなかった対岸の房総半島の風景が入り込んでくる。しかし、手前にANAのB767が被ってきた。。羽田の第二ターミナル展望デッキではよくあるハプニング。。

ベア・ドゥ北海道ジェットのランディング!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 羽田で定番の特別塗装機 

房総半島の火力発電所を背景に、羽田のRWY34Rへタッチダウンする飛行機。エア・ドゥのベア・ドゥ北海道ジェット。1年前に同じ場所で撮った時よりも、天候良く好条件で捉えることが出来たコノ飛行機。ANAのB767の垂直尾翼が手前に被らなければ、最高のショットになっていましたね。。

ベア・ドゥ北海道ジェットのランディング!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

タイヤスモークが薄れてしまいましたが、対岸の房総半島を背景にしたエア・ドゥのベア・ドゥ北海道ジェット。羽田の定番で見れる特別塗装の飛行機は、エア・ドゥのベア・ドゥ北海道ジェットとANAのスターウォーズジェット C-3PO。いずれも僕的には文句のつけようがないGoodな飛行機だと思っています!!

ベア・ドゥ北海道ジェットのランディング!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

 羽田らしい光景 

飛行機が第二ターミナル展望デッキ正面あたりまで来ると、着陸時に大量に出ていたメラメラはほとんど見られなくなります。海の色が濃い!Flightraderでもよく見られるような、羽田らしい東京湾をバックにした光景。

ベア・ドゥ北海道ジェットのランディング!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。改めて後方から全体像を見る、エア・ドゥのベア・ドゥ北海道ジェット。ノーマルのエア・ドゥ機からは想像出来ないくらいガラッと雰囲気を異にした飛行機。2号機、3号機の登場はないのかな。。

ベア・ドゥ北海道ジェットのランディング!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

夕焼けの羽田空港~国際ターミナルを望む~

 第一ターミナル展望デッキより 

季節外れの投稿ですが、今年の1月に撮った羽田空港第一ターミナル展望デッキから望む、国際ターミナルの情景。上空は雨雲みたいな黒っぽい雲が多かった天候。それでも夕焼け空となったこの日。かろうじて富士山が見えたり、見えなかったり。夕焼けと富士山、そして羽田の国際ターミナルビルに飛行機を絡めた写真は、意外と撮れそうで撮れない。この雲がどいてくれれば。。

夕焼けの羽田空港~国際ターミナルを望む~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/125秒・ISO500

そのうち富士山が見えなくなってしまった羽田の空。国際ターミナルに駐機する飛行機は、第一ターミナルから見ると、お尻が銀色に輝いていたりします。美しいです!この瞬間の羽田の空は燃えるように赤く染まった夕焼けになっていました。。

夕焼けの羽田空港~国際ターミナルを望む~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/125秒・ISO640

 偶然撮れる飛行機も 

燃えるような夕焼けの羽田の空。少しだけ顔を出す富士山。そこに飛び込んできたJALのセレブレーションエクスプレスのB767。今年の3月で就航終了となったはずのこの特別塗装の飛行機。中々羽田に狙いに行っても撮れなかったのですが、こんな時にヒョッコリ撮れたり。トラフィックの多い羽田での飛行機写真は、結構偶然も多いですね。。

夕焼けの羽田空港~国際ターミナルを望む~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/125秒・ISO2000

ベトナム航空のエアバスA350がタキシーウェイに出てきました。第一ターミナル展望デッキからは見えない、北ウィングの北側にスポットインするベトナムの飛行機。ターコイズブルーのエアバスA350は、どの空港でも一際目立つ存在。格好良いわ。。

夕焼けの羽田空港~国際ターミナルを望む~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/160秒・ISO4000

 少し雲がどいた富士山 

そしてシンガポール航空のエアバスA350が、ゆっくりと国際ターミナルのエプロンエリアを出て行く。一見どこの飛行機かわからないほど強烈に夕陽を浴びた機体。それでもすぐにソレとわかるエアバスA350は、間違いなくシンガポール航空機です。

夕焼けの羽田空港~国際ターミナルを望む~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/160秒・ISO2500

最後の写真。少し頂上付近の黒い雲がどいた富士山。デカイ三脚を担いで登ったガリバーズデッキ。そして夕焼けと富士山、羽田の国際ターミナルビルと飛行機写真撮影の終焉。それなりの写真は撮れましたね。。

夕焼けの羽田空港~国際ターミナルを望む~

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/60秒・ISO800

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

スカイツリー上を!ルフトハンザジャンボ!

 第二ターミナル展望デッキより 

週末の午後3時過ぎ。羽田空港第二ターミナル展望デッキは、望遠レンズを装着したカメラを構える人が最も多くなる時間帯。ターゲットは勿論この飛行機。ルフトハンザのジャンボ(B747)。羽田の午後の主役です。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

ルフトハンザジャンボ(B747)のエアボーンは、いつもダントツで遅い。羽田空港を離発着する飛行機で一番デカイわけで当たり前。しかし、この時はルフトハンザジャンボ(B747)にしては早めにボディが浮き上がりました。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 ルフトハンザのニューカラー機 

成田線就航のルフトハンザカーゴのB777は、ニューカラー機登場頻度が増えているように思います。羽田ではA350のニューカラー機は見たことあります。ジャンボ(B747)はいつ見れるだろうか。未だ出会えない飛行機。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

西日を浴びて少し黄ばんで見えてしまうのが難点な、ルフトハンザジャンボ(B747)。特に離陸がこの時のように午後4時近くなると、こうなるのは致し方なし。ルフトハンザジャンボ(B747)が離陸すると、一気に望遠レンズを装着したカメラを持った人たちが引き上げていきます。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

 キセキの高さ!ルフトハンザジャンボ 

東京スカイツリーとルフトハンザジャンボ(B747)。この飛行機はたいていの場合、スカイツリー前を通過する時の高さは展望台あたり、という低さです。スカイツリーの上を通過するシーンはメチャクチャ貴重です。こういうこともあるのね。。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。キセキの東京スカイツリーのさらに機体1つ分上を通過する、ルフトハンザジャンボ(B747)。東京スカイツリーと飛行機のコラボショット的には、あと2つ分くらい低くても良い。しかし、これはこれで素晴らしい飛行機写真かな。。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

羽田で撮るベア・ドゥのエアボーンは最高!

 ベア・ドゥ北海道ジェット 

羽田空港RWY34RへC3ポイントから進入した、エア・ドゥのベア・ドゥ北海道ジェットのB767。新千歳に向かいテイクオフする直前のシーンを、第二ターミナル展望デッキ南端から捉えました。羽田ではエア・ドゥの飛行機の中で僕が唯一狙う、ベア・ドゥ北海道ジェットのB767。理由は察してください。。

羽田で撮るベア・ドゥのエアボーンは最高!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

照明灯ポールの向こうを見え隠れしながら離陸滑走してくるベア・ドゥ北海道ジェット。中々シャッターを切りたくても切れないフラストレーション状態が続く、羽田の第二ターミナル展望デッキでの飛行機撮影。絶妙のタイミングでANA機の垂直尾翼に被らず捉えました。

羽田で撮るベア・ドゥのエアボーンは最高!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 前から撮る飛行機のテイクオフ 

C3からのテイクオフですが、その割りに早め、結構良いところでギアアップしてくれたベア・ドゥ北海道ジェット。背景に入ってきた房総半島の火力発電所も良い具合ですね。このタイミングのギアアップだと確実に東京スカイツリーには絡みませんが、それはそれで良しです。

羽田で撮るベア・ドゥのエアボーンは最高!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

羽田の赤い進入誘導灯とエア・ドゥのベア・ドゥ北海道ジェットのB767。エアボーン直前まで激しく飛行機周辺を覆っていたメラメラが、すっきり消えて無くなりました。良い飛行機ショットになりましたね。やっぱ飛行機のテイクオフシーンは前から撮りたいです!

羽田で撮るベア・ドゥのエアボーンは最高!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 羽田の展望デッキの敵 

結構な急角度で上昇していくエア・ドゥのベア・ドゥ北海道ジェットのB767。ここまで来れば照明灯ポールなんて怖くない。あとは羽田の展望デッキの敵はワイヤーのみ。継ぎ目の大きな玉みたいなヤツが被ると、折角の飛行機写真が台無しになります。コイツにだけは気を付けたいものです。

羽田で撮るベア・ドゥのエアボーンは最高!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後の写真。エア・ドゥのベア・ドゥ北海道ジェットのB767は、第二ターミナル展望デッキ前でこの高さ。羽田のRWY34Rからテイクオフした飛行機には、この先ゲートブリッジやスカイツリーとの絡みが待っていますが、諦めて早々にカメラの構えを解きました。

羽田で撮るベア・ドゥのエアボーンは最高!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

東京湾とJALのミッキーJET~羽田より

 セレブレーションエクスプレス 

こんにちは!とちのすけです。皆さんはJALのミッキージェット好きですか?この飛行機は、JALのB767をベースにしたセレブレーションエクスプレスですが、いかがでしょう。JALのホワイトボディの飛行機に、ミッキーとその仲間たちを描いたB767。羽田のRWY34Rへのランディングシーンです。第二ターミナル展望デッキから撮影しています。

東京湾とJALのミッキーJET~羽田より

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

1枚目の写真は、羽田のC3(チャーリー スリー)からRWY34Rへラインアップする直前で待機するスカイマークのB737を横目に、羽田のC滑走路へタッチダウンする直前のJALのセレブレーションエクスプレス。2枚目の写真は、背景の火力発電所の煙突とのコラボレーションが印象的なシーン。良いね!

東京湾とJALのミッキーJET~羽田より

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

 羽田第二ターミナルのあるある 

タッチダウン直前のJALのセレブレーションエクスプレス。1-2枚目の写真よりも距離はだいぶ近めですが、激しいメラメラとの戦いとなった飛行機撮影。第二ターミナル展望デッキから撮る飛行機は、背景のタンカーや赤白の煙突、石油貯蔵タンクが海越しに写り込んでくる。これが羽田の大きな魅力のひとつですね。

東京湾とJALのミッキーJET~羽田より

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

そして羽田のRWY34Rへタッチダウン、JALのセレブレーションエクスプレス。タイヤスモークを上げるB767の手前に大韓航空のB777が被った。。羽田では第二ターミナル展望デッキで特に多いこのアクシデント。ある程度飛行機撮影では起こることが前提ではありますが。。

東京湾とJALのミッキーJET~羽田より

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

 ミッキーの特別塗装 

全開逆噴射中、JALのセレブレーションエクスプレス。国内線専用のこの手のJALの特別塗装機は、B767が基本。羽田を中心に全国各路線へ就航。今年の3月でリペイントされているはずですが、JALの次の一手に期待したいと思います。

東京湾とJALのミッキーJET~羽田より

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。舞浜のディズニーホテル群を背景に入れて、JALセレブレーションエクスプレスを左斜め後方から捉えたショット。セレブレーションエクスプレスの特別塗装が一番よくわかるアングルの写真を最後に持ってきてみました。

東京湾とJALのミッキーJET~羽田より

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

JALのミッキージェットと富士山&工場群

 羽田の第一ターミナル 

羽田空港RWY34Lへランディングする、JALのミッキージェット(B767)を第一ターミナル展望デッキから捉えました。この飛行機は、2020年3月頃まで就航予定、ミッキーマウス スクリーンデビュー90周年記念「JAL DREAM EXPRESS 90」です。格好良いでしょ!

JALのミッキージェットと富士山&工場群

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

川崎の工場群をバックに、羽田空港RWY34Lへタッチダウン直前のJALのミッキージェット(B767)。撮影時刻は朝8時チョット過ぎ。陽射しが強烈です。今は無きハミングバードディパーチャーを狙いに行った後に撮った飛行機の中のワンショットです。

JALのミッキージェットと富士山&工場群

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 川崎の工場群と飛行機 

大きく煙を吐く、川崎の工場群とJALのミッキージェット(B767)。羽田の第一ターミナル展望デッキから撮る飛行機写真最大の醍醐味は、このシーンですね。特別塗装機やジャンボ(B747)を順光の午前中にGetするチャンスがあればテンションメッチャ上がります!

JALのミッキージェットと富士山&工場群

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

羽田のRWY34LへタッチダウンしたJALのミッキージェット(B767)。第一ターミナル展望デッキから撮る飛行機のタッチダウンシーンは、羽田の展望デッキから撮る写真の中では比較的手前に他の飛行機や照明塔のポールなどが被って来ず、クリアーに撮れるかな。。

JALのミッキージェットと富士山&工場群

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 富士山と飛行機 

羽田空港第一ターミナル展望デッキ正面あたりまで進んできた、JALのミッキージェット(B767)。国際ターミナルビルの向こうに富士山。この日は空が白っぽかったのですが、白化粧した富士山はくっきり見えていました。飛行機と富士山の絡み、良いね!

JALのミッキージェットと富士山&工場群

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。羽田空港第一ターミナル、エプロンエリアに入ってきたJALのミッキージェット(B767)。羽田の午前のこのアングルは逆光になります。飛行機の片側5つずつ描かれた、それぞれ異なるミッキーの顔がよくわかるシーンです。

JALのミッキージェットと富士山&工場群

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

たまにはアメリカン~羽田で捉えるB777

 羽田らしい飛行機写真 

久しぶりに撮るアメリカン航空のB777-300(ER)。羽田空港の第二ターミナル展望デッキからRWY16Lへラインアップ&ウェイトの状態を撮りました。背景には汐留周辺のビル群。羽田らしい東京都心のコンクリートジャングルと飛行機を絡めたショット達をどうぞ。。

たまにはアメリカン~羽田で捉えるB777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

羽田空港第二ターミナル展望デッキ前を通過する、アメリカン航空のB777-300(ER)。昨日アップしたデルタのA350と比べだいぶ遅いエアボーンとなりました。この時点で全くギアアップもしていません。このあたりの飛行機のエアボーンタイミングは、乗客数や積み荷の重量によっても大きく変わってくるところです。

たまにはアメリカン~羽田で捉えるB777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 羽田の泣き所 

漸くギアアップし始めた、アメリカン航空のB777-300(ER)。羽田空港が北風運用の時であれば、東京スカイツリー展望台のだいぶ下をクロスするくらいのタイミングでしょうか。ルフトハンザのジャンボ並みにゆったり離陸する飛行機です。

たまにはアメリカン~羽田で捉えるB777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

画面手前には第二ターミナルに駐機するANAの飛行機が多数。アメリカン航空のB777-300(ER)のテイクオフに被りました。ターミナル展望デッキで撮る時の泣き所。この後も照明灯のポールが被りまくりました。暫くシャッターを押せない状態。。

たまにはアメリカン~羽田で捉えるB777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

 アメリカンのB777にヴェイパー 

漸く羽田空港ターミナル内の障害物被りから解放された、アメリカン航空のB777-300(ER)。この飛行機が上昇を始めると、ヴェイパーが発生。雨天じゃないのに、こんなところに飛行機のヴェイパー。前日までの雨が主翼上に残っていたのでしょうか。良いモノを見た気がします。

たまにはアメリカン~羽田で捉えるB777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。アメリカン航空B777-300(ER)の後ろ姿。アメリカ勢のフルサービスキャリアでは、一際個性が際立つ飛行機。垂直尾翼以外はそんなに派手ではないけどね。。どうせならお尻も星条旗カラーにしちゃえば?と思いました。

たまにはアメリカン~羽田で捉えるB777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

東京湾バックにデルタのエアバスA350!

 羽田の海とデルタのエアバスA350 

羽田空港のRWY16LへラインアップしたデルタのエアバスA350を、第二ターミナル展望デッキよりキヤノンのEF100-400mmで捉える。成田で既に撮りまくったこの飛行機、デルタのエアバスA350ですが、羽田で撮るチャンスはこれまで全然無く、やっと撮りました!メッチャ格好良いですよ!

東京湾バックにデルタのエアバスA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

第二ターミナル展望デッキ目の前でギアアップしたデルタのエアバスA350。デルタ シックス(デルタ航空6便)です。ロサンゼルス行きのコノ飛行機。なかなか羽田線は増えませんね。しかし格好良いというか美しい。デルタ航空のエアバスA350です!

東京湾バックにデルタのエアバスA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

 チャンスが限られるデルタ6便 

エアボ-ン直前のデルタのエアバスA350。夏場の南風運用時、羽田の飛行機撮影だと、ロサンゼルス行きのデルタ6便は出発シーンしか撮るチャンスがありません。着陸は一番沖側のRWY23になることがほとんどなので。。以前デルタ6便がエアバスA330の時に、RWY22へのランディングを撮れたことがありましたが、そんなチャンスは滅多にありません。

東京湾バックにデルタのエアバスA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

羽田で狙うデルタのエアバスA350、次は秋冬の北風運用時のテイクオフシーンですね。東京ゲートブリッジやスカイツリーを絡めたショットを狙います。城南島から大砲レンズで狙うのもありです。また、北風運用ならRWY34Rへのタッチダウンも狙えます。ちなみに羽田のC滑走路を使用するエアバスA350は今のところデルタのみ。。貴重な存在です。

東京湾バックにデルタのエアバスA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

 エアバス社最強の飛行機 

羽田空港RWY16Lからテイクオフした飛行機の背景には、遠く房総半島の火力発電所の煙突群。あまり視程が良くなかったこの日。デルタのエアバスA350の眼下に見える煙突群は、怪しげにうすぼんやりと浮き上がっていました。

東京湾バックにデルタのエアバスA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。デルタのエアバスA350の後姿。地味に衝突防止灯の赤い光が写り込みました。この飛行機の好きなところは、やはり精悍なフロントフェイスと特徴的な主翼の撓り。もっかエアバス社の飛行機では最強です!

東京湾バックにデルタのエアバスA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

JAL~ディズニー感満載ジェットが美しい

 セレブレーションエクスプレス 

川崎市浮島公園前に現れた、JALのセレブレーションエクスプレス。この特別塗装の飛行機、予定通りであれば今年の3月で就航終了しています。僕個人的にJALのディズニー仕様の飛行機では、ここ数年でピカイチではないですか!と思っていたセレブレーションエクスプレス。羽田のRWY34Lへランディングする直前のシーンです!

JAL~ディズニー感満載ジェットが美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

2018年6月22日から2019年3月まで就航していた、JALセレブレーションエクスプレスのB767。約9か月の就航期間。この手のJALの飛行機は成田線へは入らないので、専ら羽田で狙うことになりました。結局数回しか撮れなかったな。しかもノーマークで偶然撮れてしまったことが多かったこの飛行機。もっともっと撮りたかったところでした。。

JAL~ディズニー感満載ジェットが美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

 ディズニー仕様の飛行機対決 

羽田の赤い進入誘導灯とJALのセレブレーションエクスプレスのB767。ディズニー仕様の飛行機写真は、女子受けも結構良い。。今のところチャイナイースタンに負けていると思いますが、我らがJALにさらなるメッチャ良いヤツを期待したいな、と思ってます!

JAL~ディズニー感満載ジェットが美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

羽田のRWY34Lへランディング直前のJALセレブレーションエクスプレスのB767。眼下には日の丸の垂直尾翼が見えていました。コレ、今は無きジャンボ(B747)の政府専用機です。こんな飛行機のコラボも羽田ならではです。良いね!

JAL~ディズニー感満載ジェットが美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO250

 羽田の管制塔と飛行機 

羽田周辺の海(東京湾)と日本一高い管制塔を絡めた飛行機写真を撮影出来る浮島。羽田空港の飛行機撮影ポイントの中で、僕がもっとも好きなシーンの一つ。羽田の場合は、どうしても後追いシーンが多くなります。

JAL~ディズニー感満載ジェットが美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

最後の写真。コレが本日の絞め!浮島でしか撮れない飛行機ショット。羽田の現管制塔と旧管制塔の間にスポッとハマる、JALセレブレーションエクスプレス。ディズニー仕様の飛行機は美しかった。またいつの日か出会える日を望む。。

JAL~ディズニー感満載ジェットが美しい

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・川崎浮島町公園
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る