羽田で撮影した飛行機」カテゴリーアーカイブ

羽田で撮るキラキラ海とBリーグジェット!

 羽田の進入誘導灯とスカイマークの飛行機 

羽田空港RWY34Lへファイナルアプローチする飛行機を、第一ターミナル展望デッキから捉える。遠くには房総半島の火力発電所。次の着陸機も見えてます。手前には羽田の赤い進入誘導灯。これぞ羽田だな!と思う飛行機写真ですね。。

羽田で撮るキラキラ海とBリーグジェット!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

この飛行機は、お分かりかと思いますがB737。スカイマークの機材ですが、コイツは特別塗装機のBリーグジェットです。Bリーグジェットを撮ったのは那覇に遠征した時以来かな。個人的にはスカイマークの飛行機の中では、かなり好きな特別塗装機です。

羽田で撮るキラキラ海とBリーグジェット!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 第一ターミナルのガリバーズデッキ 

この飛行機を撮影したのは、羽田の第一ターミナルのガリバーズデッキ。ガリバーズデッキで羽田のRWY34Lへの着陸機を撮ると、進入誘導灯の手前に照明塔ポールが被らずに撮れる。勿論ポジションによりますが、ガリバーズデッキで飛行機を撮る人は少ないけど悪くないですよ。。

羽田で撮るキラキラ海とBリーグジェット!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

だいぶBリーグジェットなのがわかりやすくなってきたスカイマークのB737。この飛行機を撮影した時刻は正午ちょっと前。飛行機は逆光になりますが、背景に入ってくる海がキラキラ輝いて美しい。飛行機写真は順光で狙えばよい、というもんじゃありません。こういう場面は逆光で狙っていきたいですね。

羽田で撮るキラキラ海とBリーグジェット!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。海のキラキラが凄すぎる飛行機写真。しかも、スカイマークのBリーグジェットのモノトーンっぽいカラーリングが渋い。ガリバーズデッキの南側階段付近で撮った飛行機写真ですが、これ以上先まで追えなかったので、機体後部のイラストまでは撮影出来ず。また次の機会にね。。

羽田で撮るキラキラ海とBリーグジェット!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

つばさ公園で捉えるスターウォーズジェット

 ANA R2-D2とJAL A350 

つばさ公園で羽田空港RWY34Rからテイクオフしてくる飛行機を捉える時、こちら側から離陸滑走してくる飛行機は全く見えない。ジャンボを除いてね。。
タワー管制官の「クリアード フォー テイクオフ」のコールから1分弱、目の前にパッと姿を現したANA スターウォーズジェット R2-D2に照準を合わせました。

つばさ公園で捉えるスターウォーズジェット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

こういう時にキヤノン EOS 1D-X MkⅡのAFが、そのポテンシャルを発揮してくれます。スっと被写体の飛行機を捉え、ガッツリ食いつきました。ANA スターウォーズジェット R2-D2の眼下にJALのエアバスA350 3号機。今のところ羽田でしか撮れないナイスな組み合わせ。

つばさ公園で捉えるスターウォーズジェット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 つばさ公園で撮る飛行機 

引き気味で海をフレーミングした、ANA スターウォーズジェット R2-D2。この時のANA スターウォーズジェット R2-D2は、羽田発/ミュンヘン行き。国際線とはいえB787だし、つばさ公園から狙うと高度はだいぶ高くなります。第二ターミナル展望デッキで撮ると、スカイツリーと絶妙な高さで絡むはず。

つばさ公園で捉えるスターウォーズジェット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

ココからは一気によりで、ANA スターウォーズジェット R2-D2に迫ります。衝突防止灯の赤い光を捉えました。こういう飛行機ショットには、キヤノン EOS 1D-X MkⅡの高速連写が効いてくる。測距エリア選択モードが、勝手に変わってしまう時があるのが難点。

つばさ公園で捉えるスターウォーズジェット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 羽田発/ミュンヘン行き2連発 

ANA スターウォーズジェット R2-D2のお腹。連続で衝突防止灯を捉えましたが、日中なので地味。前日から羽田にナイトステイしていたのは知っていたこの飛行機。本当はルフトハンザのエアバスA350を狙いに行ったつばさ公園で、たまたま撮れてしまいました。羽田発/ミュンヘン行き2連発。翌日のミュンヘンの空に、この2機のナイスな飛行機が立て続けに現れる。。

つばさ公園で捉えるスターウォーズジェット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。ANA スターウォーズジェット R2-D2の衝突防止灯、何と3連発。そんなにバカみたいに連写しまくってないですよ。。上手くタイミングを合わせられれば、こういう風に飛行機を撮れることもある。羽田外周の飛行機撮影ポイントでは、僕の一番好きなつばさ公園でした。。

つばさ公園で捉えるスターウォーズジェット

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・京浜島つばさ公園
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

スカイマークのファイターズジェット~羽田

 東京湾と飛行機 

羽田の空に現れたB737。この飛行機はスカイマークの特別塗装機「ファイターズジェット」。海ほたるや東京湾アクアライン、風の塔などがよく見えていますね。これだけ視程がよい飛行機写真は気持ちいい。羽田の空港施設のアンテナが邪魔をするのは相変わらず。From 国際ターミナル

スカイマークのファイターズジェット~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

機体に大きく「HOKKAIDO PRIDE」と書かれたスカイマークのファイターズジェット(B737)。この飛行機は、言わずともわかる北海道日本ハムファイターズとのコラボ企画もの。スカイマークさんの野球チーム応援企画多いよね。これだけ色々やってくれると、次に何をやってくれるか楽しみになる。

スカイマークのファイターズジェット~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

タカガールジェットにタイガースジェット。そしてファイターズジェット。どんどん派手になっていく、スカイマークの野球チーム応援ものの飛行機。洗練されていく、と言った方がよいだろうか。野球チーム応援ものに限らずね。

スカイマークのファイターズジェット~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

 羽田の展望デッキと飛行機写真 

羽田の巨大な照明灯ポールが飛行機の手前に被る直前、スカイマーク ファイターズジェット(B737)のタッチダウンを捉えた。羽田のような巨大ハブ空港は照明灯ポールが実に多い。地方空港で飛行機を撮って、帰ってくると実感する。羽田のターミナルは楽しいけど撮りにくい。

スカイマークのファイターズジェット~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

タッチダウンしたスカイマークのファイターズジェット(B737)。フロントギアが接地する前に次の照明灯ポールが迫る。下手をするとシャッターチャンスを逃す。照明灯ポールだけではなく、ワイヤーフェンスとも戦う羽田のターミナルの飛行機撮影は続く。

スカイマークのファイターズジェット~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1000

最後の写真。羽田の国際ターミナル展望デッキから、第一ターミナルビルを臨む。駐機するJALの飛行機手前を、スカイマーク ファイターズジェット(B737)が横切る。飛行機は最も「HOKKAIDO PRIDE」の文字が分かりやすいポジション。左翼で全貌までは見えなかった。。

スカイマークのファイターズジェット~羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・国際ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

ルフトハンザのジャンボ~エアボーンに迫る

 城南島にEF600mm 

羽田空港外周。久し振りにEF600mmを持ち出して、城南島に行ってみた。晴れの日の午後。狙いは勿論ルフトハンザのジャンボ(B747)。駐車場から海岸付近まで持っていくだけで嫌になる重さ。レンズを三脚にセットしてその時を待つ。来た来た。。

ルフトハンザのジャンボ~エアボーンに迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO250

北風運用の羽田空港。RWY34Rにラインアップする飛行機は、城南島の砂浜から肉眼ではっきり見ることが出来ます。距離的には3km以上。羽田のタワー管制から離陸承認が出た。ゆっくりとルフトハンザジャンボ(B747)が動き出す。雲台のロックを緩め、飛行機の離陸に備える。。

ルフトハンザのジャンボ~エアボーンに迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO250

 城南島の今 

一枚目の写真では良いアクセントになった、羽田沖に浮かぶ緑のヤツ。やっぱ邪魔だ。。エアボーンの遅いルフトハンザジャンボ(B747)なら被らないかな、と思っていた(願っていた)のですが、僕の思いは通じず。

ルフトハンザのジャンボ~エアボーンに迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO250

ところで今々現在の城南島、西側の端は立ち入り禁止。防波堤の上も行かない方が良さそうです。緑のヤツを避けられないのもそのせい。立ち入り禁止ギリギリのところからでないと、防波堤が邪魔になってしまうからなのです。角度の無いところからやっとこさで飛行機を狙うと、どうしても緑のヤツがフレームに入ってくる。。

 大砲レンズとジャンボ 

それでもキッチリ捉えたルフトハンザジャンボ(B747)のエアボーン。午後の城南島から出発機を撮ると逆光になりますが、この迫力なら文句無しですね。城南島からEF600mmでコノ飛行機を撮るのは2度目ですが、やっぱ背景は白くなる。

ルフトハンザのジャンボ~エアボーンに迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO250

上昇を続けるルフトハンザジャンボ(B747)を、EF600mm+2.0xのエクステンダー、1200mm相当の大砲レンズで捉え続ける。三脚有りとはいえ、飛行機写真を始めたばかりの頃はとてもとても出来なかった芸当。我ながら頑張った。

ルフトハンザのジャンボ~エアボーンに迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。ズームレンズではないので、どんどんデッカクなってくるルフトハンザジャンボ(B747)。コノ飛行機を最後まで真ん中にフレーミングしきりました!勿論ノートリミング。気持ち良いね!久し振りにさくらの山でもトライしようかな。。

ルフトハンザのジャンボ~エアボーンに迫る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・城南島海浜公園
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

 ガリバーズデッキの午後 

羽田空港第一ターミナル展望デッキ。この場所で午後、飛行機写真を撮る人は少ない。理由は逆光だから。セオリーを無視して、ガリバーズデッキに行ってみると、意外と面白い飛行機写真が撮れる。アプローチしてきた飛行機はANAのB787。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

このシチュエーションにうってつけの飛行機がやって来た。両翼をしならせたボーイングの雄。背景の東京湾が逆光で輝いていますね。この後、さらに感動的な羽田の海の景色が飛行機の背景に入ってくることになります。飛行機写真って良いね。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 正解のガリバーズデッキ 

第一ターミナル6Fの展望デッキではなく、一つ上のガリバーズデッキに上がって撮ったこれらの飛行機写真。6Fで撮ると羽田の赤い進入誘導灯の手前に照明灯ポールが被ってきます。ガリバーズデッキに上がって正解。ガリバーズデッキで飛行機写真を撮る人は少ないですが、悪くないですよ。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

羽田のRWY34Lへタッチダウン直前のANA B787。背景の海は超キラキラ。お昼前後の第一ターミナル展望デッキですが、この超キラキラの海が飛行機の背景に入ってくる時間帯はほんの僅か。うーん、美しい。。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 発想を変えた飛行機写真を 

周囲に望遠レンズを付けたカメラを持っているのは僕だけ。他の人は、第二ターミナルや国際ターミナルで飛行機を撮っているのだろうか。普通に飛行機を撮っているだけでは飽きてくる。たまには少し発想を変えて飛行機に迫りたい。。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。キラキラ海をバックにANA B787のタイヤスモークシーン。控えめなスモークは、バックのキラキラ海とのバランスを見るとかえって良かったかも。近いうちにJALのエアバスA350でこのシーンにトライしたい。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

ワンワールドのB777 by キャセイ!

 入道雲と飛行機 

羽田のRWY22へ迫るキャセイパシフィック航空のB777-300 ER(機体番号(レジ)=B-KQI)。モクモクの入道雲が良かったので、個人的には珍しく飛行機を3分割構図の左下に配してみました。つばさ公園で撮る飛行機写真的には、メッチャ距離あるところからのショット。メラメラも凄い!

ワンワールドのB777 by キャセイ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

キャセイの飛行機としては、羽田で見るのは珍しいワンワールド塗装機。JALのワンワールド塗装機とかより全然格好良い。。ワンワールド塗装の飛行機はフィンエアーのA350が最高に格好良いと思っていましたが、その次くらいに良いかな。。という気がする。

ワンワールドのB777 by キャセイ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 新塗装のキャセイ 

Fly Team にアップされているキャセイのB777(B-KQI)の画像を見ると、まだまだ結構旧塗装バージョンのものも多い。でも、やっぱ新塗装の方が良いキャセイの飛行機。イメージカラーとの相性かな。。スタアラやスカチーと比べると、控え気味なワンワールド塗装の飛行機です。

ワンワールドのB777 by キャセイ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

高度を少しずつ下げてくるキャセイのB777。左下に微かに写る、羽田のRWY23へアプローチする飛行機。海上には水しぶきを上げる水上バイク。こういうアクセントを数多く入れた飛行機ショットが撮れるつばさ公園。一番重要な要素の海と羽田の赤い進入誘導灯もしっかり写し込みました。

ワンワールドのB777 by キャセイ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 キャセイのA350は。。

ダッシュ300の巨体が羽田のRWY22へ舞い降りる。キャセイのA350は、羽田線投入はないのかな。成田ではA350とB777が頻繁に入れ替わるキャセイ。関空だと普通にA350だったり。羽田で海バックに撮りたいキャセイのA350。実現はあるのかな。。

ワンワールドのB777 by キャセイ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。羽田の管制塔前を通過するキャセイのB777、ワンワールドバージョンと言うのだろうか。地味だからね。でも、コノ「one world」の文字が入っているだけでメチャクチャ格好良くなります。キャセイの場合はね。。

ワンワールドのB777 by キャセイ!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・京浜島つばさ公園
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

つばさ公園でルフトハンザA350をGet

 ニューカラーの飛行機 

羽田のRWY34Rからテイクオフした、ルフトハンザのニューカラーバージョン エアバスA350をつばさ公園でGet。何度も狙ってはどういう訳か逃していたこの飛行機を、漸く撮影に成功。旧カラーに比べ抜群に格好良いでしょ。

つばさ公園でルフトハンザA350をGet

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

ミュンヘン行き、ルフトハンザのLH715便が羽田空港国際ターミナルを出発する12時35分。グランド管制官のプッシュバック承認の声をつばさ公園で待つ。この日の羽田は北風運用。ここ最近、僕がこのエアバスA350を狙いに行った時の管制官の指示はRWY05続き。この時は間違い無くRWY34Rと言いました。待ちに待った時が遂に訪れる。。

つばさ公園でルフトハンザA350をGet

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 生まれ変わったルフトハンザ 

もっと低く来て欲しかったけど、まぁ良いでしょ。ルフトハンザのエアバスA350。垂直尾翼のルフトハンザのロゴも、コクピット後方の「Lufthansa」の文字もしっかり見えてます。このアングルで撮る飛行機、良いね!

つばさ公園でルフトハンザA350をGet

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

旧カラーのクリーム色っぽいベースカラーから、ピュアホワイトなベースカラーに生まれ変わったルフトハンザの飛行機。ニューカラーのエアバスA350を初めて撮ったのは、1年前の夏。第二ターミナルでRWY16L上がりでした。それ以来、あまり羽田に来ていなかったせいもあるかもしれませんが、狙うと意外と撮れない。。何も撮らずに引き上げる、つばさ公園の飛行機撮影。

つばさ公園でルフトハンザA350をGet

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 子供に知られてるエアバスA350 

ダークブルーになったお尻も美しいでしょ。ルフトハンザのエアバスA350。LOTポーランドの飛行機に少し似てる。あっちはB787だけどね。。この間羽田の出発ロビーで目の前にJALのエアバスA350が目の前にいました。子供が「A350」って言ってる。CMの影響かな。子供に知られてる。

つばさ公園でルフトハンザA350をGet

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。飛行機の両翼をフレームに収め、ほぼ真後ろから撮ったルフトハンザのエアバスA350。次は第二ターミナル展望デッキから、スカイツリー絡みを狙いたい。高さ的に良いところに来そう。絶対良い絵になるよね。

つばさ公園でルフトハンザA350をGet

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・京浜島つばさ公園
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

国際ターミナル駐車場で狙う朝焼けと飛行機

ドラマティックな飛行機写真 

9月下旬、5時30分過ぎの羽田。国際ターミナル駐車場で撮った飛行機は、美しくオレンジ色に染まった空を背景にRWY34RへファイナルアプローチするANAのB787。対岸の房総半島が幻想的に浮かび上がる!羽田っていいね!

国際ターミナル駐車場から狙う朝焼けと飛行機@ANA B787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1600

これから秋冬にかけて、こんな飛行機写真を撮れる日が増えていきますね。日の出も少しずつ遅くなっていく。まだ今時分だと4時台に起床しないと狙えないショットですが、やがて5時起きでも行ける季節になる。その分寒さとの戦いは激しくなる。。ドラマティックな飛行機写真を撮るのは根性もいる。

国際ターミナル駐車場から狙う朝焼けと飛行機@ANA B787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO2500

 羽田を象徴する光景 

ANAのB767がANA格納庫の向こうを通過する。JALの格納庫見学ツアーに参加した時のことを思い出す。羽田の朝焼け&飛行機写真は第二ターミナル展望デッキが人気ですが、国際ターミナル駐車場で撮るのも良いでしょ。くれぐれも安全とマナー重視で。。

国際ターミナル駐車場から狙う朝焼けと飛行機@ANA B767

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1600

再びやって来たANA B787。そのシルエットは黒潰れしても、してなくても美しい。東京湾には多数のタンカーが浮かび、その向こうには微かに房総半島の火力発電所が見える。羽田を象徴するような美しい光景。堪りませんね。

国際ターミナル駐車場から狙う朝焼けと飛行機@ANA B787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

 モノレールと飛行機 

生涯であとどれだけこういう飛行機写真を撮れるだろうか。フッと思う。少しでも多く、少しでも良いモノを。と思いさらに頑張ろうとする。兎に角その繰り返し。それが飛行機写真。というものかな。。

国際ターミナル駐車場から狙う朝焼けと飛行機@ANA B787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

最後の写真。朝焼けが少しずつ終わりを告げる頃、漸く飛行機とタイミングが重なったモノレール。朝陽を屋根に浴びるモノレール。逆光で黒く潰れる飛行機はJALのB787。羽田の海は珍しく美しい。こんな飛行機写真が撮れる羽田はやっぱ良いね!首都圏在住の僕的には、成田に行くことも多いですが、ドラマティックな飛行機写真は羽田で撮ったショットの方が圧倒的に多いです。

国際ターミナル駐車場から狙う朝焼けと飛行機@ANA B787@JAL B787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・国際ターミナル駐車場
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

遂に!ルフトハンザA350のニューカラー

 羽田の第二ターミナル 

羽田空港のRWY34Rへ ルフトハンザのエアバスA350が迫る。第二ターミナル展望デッキの南端から捉えたショット。羽田の第二タ-ミナル展望デッキ南端は、まぁ兎に角、飛行機写真は撮りづらい。照明塔ポールが飛行機の手前に被ってくることもそうですが、ワイヤーフェンスとの距離感が絶妙に遠い。。東京湾アクアラインをギリでフレーミングしたショットにも、照明塔ポールがメッチャでっかく写り込みました。

遂に!ルフトハンザA350のニューカラー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

羽田沖のキラキラ輝く東京湾を背景に、特徴的なウィングレットのエアバス最新鋭の飛行機がRWY34Rにランディングする。その飛行機は、僕が兎に角撮りたくてしょうがなかった、ニューカラーのルフトハンザのエアバスA350。本当に格好良い。。

遂に!ルフトハンザA350のニューカラー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 エアバスA350とジャンボ 

まだまだオールドカラーバージョンが混在するルフトハンザの飛行機。それでも、エアバスA350がアサインされる羽田/ミュンヘン線は、ニューカラーバージョンの確率がかなり増えたような気がします。そんな中で漸くランディングシーンをGetしました。テンションめっちゃ上がりますね。。

遂に!ルフトハンザA350のニューカラー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

房総半島の火力発電所を背景に、羽田のRWY34Rへタッチダウン直前のルフトハンザのエアバスA350。シンプルだけど、ピュアホワイトなボディにダークブルーの垂直尾翼が最強に格好良いでしょ。近いうちにニューカラーのジャンボ(B747)も撮りたいですね。。

遂に!ルフトハンザA350のニューカラー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

 羽田の第二ターミナル手強し 

羽田のRWY34RへタッチダウンするルフトハンザのエアバスA350。タイヤスモークが地味なのは、照明塔ポールのせい。照明塔ポールが飛行機の手前に被らないチャンスを待っていると、一番美味しいシーンを逃すこともしばしば。。うーん手強い羽田の第二ターミナル。

遂に!ルフトハンザA350のニューカラー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。ルフトハンザのエアバスA350ニューカラーバージョンと幕張新都心。対岸のビル群の距離がこの半分くらいだったら、ワールドワイド的な超飛行機撮影ポイントになりそうな羽田。これはこれで好きだけどね。。

遂に!ルフトハンザA350のニューカラー

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

JALのA350を国際ターミナルで撮る!

 エアバスA350のダブルショット 

10月のよく晴れた日の夕刻。羽田空港国際ターミナル展望デッキより、東京湾アクアラインや風の塔を臨む。目の前に現れた飛行機はJALのエアバスA350-941XWB 1号機。JAL最新鋭のXWB(エクストラ ワイド ボディ)。素晴らしい眺めです。

JALのA350を国際ターミナルで撮る!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

JALのエアバスA350の手前にベトナム航空のエアバスA350。さらに手前の鶴丸垂直尾翼がちょっと邪魔をしてくれました。エアバスA350を導入したエアラインとしては、JALよりもだいぶ先駆けたベトナム航空。時間帯的にいつでも実現しそうな、エアバスA350のダブルショットです。

JALのA350を国際ターミナルで撮る!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 羽田で漸く。。

羽田のRWY34Lへランディング直前のJALのエアバスA350。9月の初就航以来、週末に中々よい飛行機撮影条件の日がなく、狙いに行けなかった悶々とした日々。浮島で狙おうとしたら台風の影響で撮影禁止になっていたり、色々あったこの1ヶ月。漸く羽田でまともに捉えることが出来ました!

JALのA350を国際ターミナルで撮る!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

JALのエアバスA350のタイヤスモークショット。羽田の国際ターミナルから撮る飛行機のタッチダウンシーンは、手前に建物が思いっきり被ってくるため常に難しい。背景がJALの飛行機だらけなのが羽田っぽい。

JALのA350を国際ターミナルで撮る!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 JALエアバスA350撮影のチャンスは。。

フロントギアのタイヤスモークのみを捉えたちょっと珍しい飛行機ショット。JALのエアバスA350のウィングレットは先端の方に向かって赤が濃くなっていく、暖色系のグラデーションが美しい。2号機、3号機もウィングレットはこの色ですね。

JALのA350を国際ターミナルで撮る!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

最後の写真。ランウェイエンドから戻ってきた飛行機。JALのエアバスA350は、このまま第一ターミナルにドッキングします。今のところ、羽田で一日二回はランディングシーン撮影のチャンスがある福岡線のJALエアバスA350ですが、そろそろ夕方の便は厳しくなりますね。。

JALのA350を国際ターミナルで撮る!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・国際ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る