遠征で撮影した飛行機」カテゴリーアーカイブ

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

 徳島の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

徳島空港へ遠征して来ました!徳島空港の滑走路はRWY29/RWY11ですが、RWY11エンド側は自衛隊駐屯地が隣接していたり、高い防音壁があったりで飛行機写真を撮れるような場所は全くありません。全体的に見ても撮影ポイントが限られる空港との事前情報でしたが、実際のところはどうでしょうか。ご覧頂けましたら幸いです。

 月見ヶ丘海浜公園 

まずは外周ポイント定番の月見ヶ丘海浜公園に行きました。RWY29エンド南側にある広大な公園です。車でのアクセスは大きな看板が出ているので迷うことはありません。飛行機写真の撮影ポイントは地図の左上の先っちょあたりになります。駐車場からは徒歩7〜8分です。RWY29にランディングする飛行機の写真を海を絡めて撮れます。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

美しい公園です。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

ANA エアバスA320が降りてきました。ちょっと光の当たりが不十分。一応飛行機本体には光が当たっていますが、テトラポットの下半分には当たって無いですね。空は晴れているのに、どうしたもんか、飛行機が来る時だけ雲がメチャクチャ出て来る。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

飛行機に一番光が当たったJAL B737。これも海への光の当たりが今ひとつ。着陸機が来るタイミングで一日中月見ヶ丘に行っては移動、また戻って来てを繰り返していましたが、ずっとこんな感じ。相性悪いのかな。。こんなこともあるけど。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

撮影場所はこんな感じ。波が高い時はちょっと怖そう。。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

 徳島空港の他の外周ポイント 

さて、徳島空港の外周で飛行機の離陸を撮れる場所を探してみました。探してみたら、意外とあっさり見つかりました。空港の方から月見ヶ丘海浜公園方面へ向かい、月見ヶ丘海浜公園入口を直進、すぐ先のT字路を右折します。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

しばらく道なりに進み、自衛隊のフェンス手前を右折します。2本の電柱の間あたりです。この道路は奥の自衛隊フェンスの手前で90度左にカーブしますが、その直前です。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

突き当たりまで進みます。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

徳島空港のフェンスです。三段以上の脚立があれば、フェンスをクリアーして飛行機写真を撮ることが出来ます。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

左側は道が細いので、飛行機写真を撮るのは厳しいかもしれません。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

目の前に滑走路。良い場所を見つけました。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

RWY29からテイクオフしたJAL B767。いきなりメチャクチャいいのが撮れました。月見ヶ丘よりこっちの方が良いです。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

ちょっとフェンスから離れてみました。こういうのも好きだな。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

徳島空港の管制塔を絡めてみました。徳島空港の管制塔は珍しくターミナルの滑走路反対側にあるので、こういう構図になりました。飛行機の手前に管制塔を入れると、管制塔がメッチャデカく写る。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

 徳島空港ターミナル 

最後はターミナルです。ビルの中に入ると正面に飛行機が見える。珍しい。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

ガラス越しになってしまいますが、なかなか撮れない角度から飛行機写真が撮れる。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO800

上階への階段の途中で撮りました。チェックインしてなくても超目の前で飛行機を見れる空港も珍しいよね。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/125秒・ISO400

3階奥にある展望ホール。展望ホールは完全ガラス張り。写真を撮ろうとすると後ろ側の窓枠がことごとく写り込んできます、最悪。。ということで、徳島空港の展望ホールで撮った飛行機写真はありません。以上、徳島空港遠征記でした。

【徳島空港】飛行機撮影ポイントです!

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

 神戸の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

海上に浮かぶ神戸空港。神戸市の中心部からの距離がさほど無く、アクセスしやすいこの空港。飛行機のトラフィックは多くはありませんが、訪れてみると実に素晴らしい飛行機写真撮影ポイントでした。

 神戸空港の飛行機写真撮影ポイント 

神戸空港は車でのアクセスの場合、連絡橋を渡りますがこれが有料ではない。良心的です。飛行機写真は、海上空港のため必然的にターミナル内での撮影が中心になります。早速ターミナルに入ると、メッチャきれい。どことなくオシャレな感じもします。さすが神戸。。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

神戸空港の展望デッキはターミナルビルの4Fにあります。3Fの展望デッキ入口からアクセスします。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

この階段を登れば展望デッキです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

コンパクトなスペースですが、小綺麗でオシャレなスペースですね。平日だったので、人もまばらです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

フェンスには一応カメラレンズを差し込める穴がありますが、メチャクチャ小さいです。大口径レンズは不可。どこに穴があるのかすぐにはわからないほど小さいです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

展望デッキの東側に白いオシャレな建物があります。フェンスの穴を使っての飛行機写真撮影は無理だと分かったので、この建物の階段から撮ることにしました。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

ここなら余裕でフェンスをクリアー出来ます。幸いにも僕が神戸空港を訪れた時は全然人が来なかったので、人通りを気にせず飛行機写真を撮れましたが、建物の上はレストランなので、時間帯によっては撮影は厳しいかもしれません。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

この場所以外にもターミナル3Fには全面ガラス張りですが、駐機する飛行機を目の前で見れる場所があります。また、ターミナルの外に出てRWY09エンドまで行けば、神戸空港島西緑地で美しい砂浜を絡めて飛行機写真が撮れます。西緑地は車で行けます。立て付けの悪いドア付きのトイレもあります。いずれの場所も滑走路北側になり、終日逆光です。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

 神戸空港で撮った飛行機写真 

RWY09からテイクオフしたソラシドのB737。青い海とタンカー、遠くにうっすらと見える山。これぞ神戸!良いね。RWY27からのテイクオフだとエアボーンの瞬間は恐らく後追いになりそうです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1250

駐機中のスカイマークのB737。距離感、角度ともに良好です。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

ちょうど正面で真横を向いたANA エアバスA320。逆光で程よく機首付近にハイライトが出来ています。風がメッチャ強かったな。強風を波が物語っています。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

エプロンエリアに入ってきたスカイマークのB737。逆光で出来た2か所のハイライトが美し過ぎる。背景の海もこれでもか!と言うくらい輝いています。この飛行機写真は、展望デッキではなくターミナルビル3Fのガラス越しに撮りました。展望デッキではなく、3Fだからこそ撮れた飛行機写真だと思います。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。神戸空港島西緑地で撮った、海と砂浜を眼下にRWY09に降りてくるスカイマークのファイターズジェット。雲が多めの飛行機写真になってしまいましたが、何とか太陽光が飛行機に当たってくれました。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難う御座います。それでは、また!!

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

 高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その6 さぬき空港公園

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

高松空港の西側一帯に大きく広がるさぬき空港公園。主にRWY26からテイクオフする飛行機やRWY08にランディングする飛行機を撮影できます。園内は〜ゾーンや〜広場というテーマ別のエリアが多数存在しますが、そのうち飛行機写真を撮れるのはアドベンチャーゾーンと体験広場の2カ所です。それぞれの場所及びそこで撮影した飛行機写真をご紹介します。

 高松 さぬき空港公園アドベンチャーゾーンはこんな場所 

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

上の地図に記したとおり、アドベンチャーゾーンは高松空港RWY08エンド付近の北側にあります。ターミナルからだとかなり距離あります。駐車場、トイレは勿論あります。下の写真の下の方が駐車場で左の一番上が展望広場です。駐車場から展望広場までは5分以上歩きます。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

アドベンチャーゾーンの展望広場はこんな感じです。終日逆光、三段以上の脚立要です。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

RWY08側の眺め。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

展望広場から駐車場の方を24mmで撮ってみました。遠いでしょ。。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

RWY26側の眺め。木の枝が邪魔になってしまうので、RWY26上がりのエアボーンの瞬間を捉えるのは難しい。勿論機体が浮き上がるタイミングによります。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

 さぬき空港公園アドベンチャーゾーンで撮った飛行機写真 

RWY26にランディング、RWY08エンドから折り返してきたスプリングエアーのエアバスA320。これは脚立無しでもいけるショットです。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

チャイナエアのB737。この飛行機だけはエアボーンの瞬間が撮れました。ちょっとゆっくり目に浮き上がってくれたので。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

JAL B767。国内線はこのくらいの高さが普通です。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 高松 さぬき空港公園体験ゾーンはこんな場所 

体験ゾーンは高松空港RWY08エンド付近の南側にあります。さぬきこどもの国の先の道路が細くなったあたりです。駐車場はありますが、トイレはありません。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

体験ゾーン入口付近からの眺め。奥が小高い丘になっていて、その上から飛行機写真が撮れます。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

丘の上はこんな感じです。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

 高松 さぬき空港公園体験ゾーンで撮った飛行機写真 

RWY26からテイクオフした香港エクスプレスのエアバスA320。体験ゾーンは、高松空港の滑走路南側に位置するので、終日順光で飛行機写真が撮れます。高松空港の管制塔を絡めて、かなり良い感じです。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/640秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その5 高山航空公園

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO640

高松空港の滑走路を西側の超遠距離から一望でき、RWY26からテイクオフ、あるいはRWY08へランディングする飛行機写真を狙える高山航空公園へ行ってきました。天候は今一つでしたが、超望遠レンズでRWY26からのテイクオフを捉えましたよ!

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

 高松 高山航空公園はこんな場所 

地図でもお分かり頂けると思いますが、高山航空公園は高松空港外周の飛行機撮影ポイントの一つなのでしょうが、メチャクチャ遠い。RWY08エンドからの道のりは約7km。山道をひたすら走りようやく辿り着きました。写真は高山航空公園の入口で、一番奥に飛行機展望広場があります。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

高山航空公園の園内には戦闘機を始め、いくつかの飛行機やヘリコプターが展示されています。手を触れることはできませんが、さすが航空公園!良いですね。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

高山航空公園の展望広場からの高松空港の眺め。標準レンズで撮るとこの距離感です。遠い。。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

 高松 高山航空公園で撮った飛行機写真 

高松空港のRWY26にラインアップするANA エアバスA320。距離があるのでメラメラが兎に角凄い。旧型のEF600mmに2.0×のエクステンダーを装着し1200mmで狙いました。1200mのノートリでこの距離感です。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO500

ANA エアバスA320のエアボーン。高山航空公園のこの距離で見ると、高松空港の滑走路がメチャクチャ起伏があるのがよくわかります。さぬきこどもの国とか、滑走路を間近で見るとこの起伏は全然わかりません。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO400

こちらはジェットスターのエアバスA320。こういうシーンには、オレンジのお腹の飛行機がよく映えます。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO500

飛行機がここまで上がってきても、まだこの距離感。ジェットブラストが後方の山にかかり、印象的な飛行機写真になりました。

【高松の飛行機撮影ポイント】高山航空公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

 高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その4 展望デッキ

高松空港の展望デッキ(送迎デッキ)は、ターミナルビル最上階の3Fにあり目の前に駐機する、あるいはエプロンエリアに出入りする飛行機を超至近距離で見ることが出来ます。滑走路反対側の「さぬき」の大文字が印象的。

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO200

 高松空港 展望デッキはこんな場所 

高松空港の管制塔です。高松空港の駐車場から撮影しました。駐車場は最初の1時間が無料。良心的ですね。ターミナルビルに入り3Fへ上がります。

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

高松空港の展望デッキ。結構広い。

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

フェンスにはカメラレンズを差し込める穴が数か所空いています。大口径レンズでも差し込めますが、穴じたいが小さいので上下左右にレンズを振る自由度はほとんど無いパターン。なので、僕はあまり長居はしませんでした。

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

展望デッキの中央部はガラス張り。単純に飛行機を見るだけであれば全然問題ありません。飛行機の写真を撮るという観点では、あまりよい環境ではありません。

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

飛行機が駐機している場所の真ん前はこんな人だかり。飛行機がいなくなるまで空きません。

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

飛行機のタイヤが展示されていました。ちょっと珍しいかも。好きなように触れます。

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

 高松空港 展望デッキで撮った飛行機写真 

エプロンエリアからRWY26に向かうスプリングエアーのエアバスA320。機体ほぼ中央部にハイライトが入りました。高松空港の展望デッキは終日逆光ですが、逆光故に成立するハイライト光が見事に入った飛行機写真。

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

RWY26からテイクオフしたジェットスターのエアバスA320のエアボーン。後追いショットになりましたが、高松空港の展望デッキから撮る飛行機写真は背後に悉くさぬきこどもの国の風景が入ってくるのが良いよね

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。RWY26にランディングした香港エクスプレスのエアバスA320。地味なタイヤスモークを上げたタッチダウンになりました。小さいフェンスの穴を使って、何とか飛行機のエアボーンもタッチダウンも撮れることは出来ますが、とにかく窮屈な撮影でした。

【高松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

 高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その3 さぬきこどもの国

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

高松空港の滑走路南側一帯に横長に大きく広がるさぬきこどもの国。空港フェンスより高い場所にあるので、脚立不要でどこからでも好きなように飛行機写真を撮れます。駐車場、トイレは勿論あり。終日順光です。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

 高松 さぬきこどもの国はこんな場所 

高松空港のターミナルからアクセスするのであれば、ターミナルを出て左折後直進。トンネルを潜ったら周囲一帯がさぬきこどもの国です。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

遊具が至るところにある。自転車の貸し出しもあり、公園全体がサイクリングロードになっています。奥が高松空港の滑走路。高松空港の管制塔が見えています。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

手前がサイクリングロード。歩いてもよさげですが、結構自転車の通行量が多いので要注意です。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

RWY08方面の眺め。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

YS-31が展示されています。こりゃ写真撮りたくなる。。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

中も入れます。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

窓の外の眺め。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

他人がいたので入りませんでしたが、コクピットにも座れます。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

 高松 さぬきこどもの国で撮った飛行機写真 

高松空港のRWY26からテイクオフしたANA エアバスA320。どこからでも撮れるというのも、いざ撮るとなると結構難しい。撮れる場所が限定されると、撮れるところから撮ればよいわけですが、自由度が高すぎると、どこがベストポジションか見極めが大変です。これは上手くいったね。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

ANA B787のタッチダウン。タッチダウンはもっと難しかった。前から撮りたかったので。。何度かトライして、ベストポジションで捉えることが出来ました。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

さぬきこどもの国の一番東端で撮ったタッチダウン直前、スプリングエアー エアバスA320。若干ですが、飛行機より高い目線で着陸機の写真を撮れる。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

RWY32からテイクオフしたANA B737。周囲の山をバックに上昇していく飛行機、良いね!

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。JALのしまじろうJETがRWY26に降りて来た。ちょうど子供に大人気のサイクルセンター付近にいたのですが、誰も見てない。。勿体ないな。もし僕がウチの子供達と一緒だったら、超ハイテンションで子供達に「しまじろうJETだっ!」って言うけど。。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬきこどもの国

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

 

 高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その2 RWY26の誘導灯下

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO800

高松空港外周でたまたま発見した超素晴らしい飛行機写真撮影ポイント。そこはRWY26の誘導灯とその下を流れる川をフレーミングし、その真上を飛ぶ飛行機写真を撮れる、僕的には高松で一番気に入った場所。何回かこの場所に行きましたが、飛行機マニアっぽい人を見かけたのは一度だけ。でもその人は望遠レンズだったので、僕みたいに標準レンズで引きの写真は狙ってなかったと思います。超穴場かも。。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

 高松 RWY26の誘導灯下へのアクセス 

高松のRWY26エンドの伊丹並みの迫力写真は結構メジャーだと思いますが、あれ以外に誘導灯を絡めた飛行機写真を撮れるポイントを探していて発見した場所です。僕は国道193号線を北の方から南下してアクセスしましたが、南の方からでもどちらからアクセスしてもOKです。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

誘導灯をくぐってすぐのところに営業していないガソリンスタンドがあったので、僕はその前に車を停めました。撮影場所は、手前に写っている白いガードレールのあたりです。逆側からアクセスする場合は中央分離帯がありますが、中央分離帯が途切れているところで右折出来ます。この写真に写っているヤツではなくもっと奥です。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

車を停めてちょっと歩いたら見えてきたこの光景。思わず「おーっ!」と叫びそうになった。素晴らしいでしょ。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

 高松 RWY26の誘導灯下で撮った飛行機写真 

RWY26に着陸する飛行機は、山の向こうの全く見えないところから現れます。車通りが多いせいか、山のせいか定かではありませんが、飛行機の音は全然聞こえません。ウィンドチェックの交信後、飛行機が見えてくるまで集中あるのみになります。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

少し寄って誘導灯だけでも良い絵です。上の写真とは違う便です。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

縦カットで狙ったパターン。横カットで川を思いっきり多めにフレーミングしようとすると、ここでは24mmで撮ることになりますが、24mmでこの大きさの飛行機を撮ると少しピン甘になってしまいます。そこで縦カットにして50mmで撮りました。誘導灯の先の方だけ陽の当たりが弱い。。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。ANA エアバスA320。こちらは陽あたりバッチリ。川や周辺の木々までしっかり陽が当たるのは11時〜15時くらい。なかなかこの時間帯に背景の空が青くならなくて何度も通いました。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26の誘導灯下

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

 高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その1 RWY26エンド

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO125

高松空港の飛行機写真は、兎に角RWY26エンドが熱い!着陸機を超迫力の距離まで迫れるポイントがあったぞ!高松空港を訪れたら、一度は行くべき飛行機写真撮影ポイントです。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

 高松 RWY26エンドへのアクセス 

さぬきこどもの国の東側エリアをひたすらRWY26の方へ進みます。さぬきこどもの国の駐車場が途切れると、道がいっきに細くなります。そのまま直進します。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

対向車が来たらすれ違い不可です。地元の方の軽トラがたまに来たりするので要注意!

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

クネクネ道をしばらく進みます。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

高松空港RWY26の進入灯が見えてきました!

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

進入灯横に小高い丘があります。この上に登ってRWY26に着陸する飛行機を狙うとちょうど良い感じです。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

踏み固められた登り道がありました。結構な急坂です。特に下りは気をつけた方が良いと思います。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

丘の上はこんな感じ。広くはありませんが十分です。丘の上から撮ると終日逆光になります。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

RWY26に着陸する飛行機は向かって左の方からアプローチしてきます。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

滑走路側の眺めです。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

 高松 RWY26エンドで撮った飛行機写真 

朝一番の到着便、JAL B737が来た。焦点距離は24mm。まだ結構距離ありますが、この迫力です。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

1枚目の写真のB737、我ながらよくフレームに入れきったね。かなり気を使わないとはみ出てしまいそうです。主翼はカットしても良いと思いますが、飛行機の前後がはみ出ると最悪なので。。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO250

ANA B767をフィッシュアイで狙いました。フィッシュアイレンズで飛行機写真がバッチリ決まるのは、高松のRWY26エンドか、あの伊丹千里川土手くらいではないでしょうか。飛行機も地面もキレイにフレームイン出来ました。まさに伊丹に匹敵する迫力です。

【高松の飛行機撮影ポイント】RWY26エンド

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF8-15mm F4L フィッシュアイ・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

 松山の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その7 垣生山展望台

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

松山空港を一望でき、夕陽に輝く海と飛行機を重ねた写真が有名な垣生山。垣生山へのアクセスの詳しい情報が無く、初めて松山空港を訪れた時どれが垣生山なのかさえよくわかりませんでした。松山空港から垣生山へのアクセス方法と僕が撮った飛行機写真をご紹介します。ご参考にしていただけたら幸いです。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

 松山 垣生山展望台へのアクセス 

松山空港ターミナルの北側。わかりにくいですが、2つ目の山が垣生山です。向かって左側からは登れないっぽく、右側に登山口があります。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

垣生山は周囲に駐車場が無いので、松山空港の駐車場から歩きます。駐車場から見てターミナルの一番左側からスタートします。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

歩道が途切れるところを直進します。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

空港敷地を出ます。左折します。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

道路の左側を道なりに進みます。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

松山港方面へ向かう道へ左折します。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

最初の信号を右折します。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

この道をしばらく直進します。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

横断歩道が見えて来たら、手前を左に入ります。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

左折する場所は、こんなのがあるのですぐにわかると思います。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

鳥居を潜って直進します。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

階段を上がらずに右折します。このあたりまでで、スタート地点から10分くらいです。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

山に沿ってしばらく歩きます。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

何度かまがり角がありますが、ひたすら左に曲がって進んでください。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

鳥居を潜り終わった階段の前から5分ほど歩くと、垣生山の登山口が見えてきます。普通に住宅街の中にあるので、分かりやすくはない。。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

ここから展望台まで10分ほど登ります。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

登山口までのルートは色々あると思いますが、早めに山沿いに出て、山の周りを反時計回りに歩くのが、間違い無くて良いと思います。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

頂上まで600メートルだそうです。ゴツいカメラとレンズを持って登るのは結構キツイ。出来るだけ軽装で行くことをおすすめします。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

地元の方が結構登ってきますが、望遠レンズを付けたカメラを持っている人に会ったことは今のところありません。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

素晴らしい眺めです。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

お墓がある場所を抜けて、坂を登りきったところ。これで頂上かと思ってしまいましたが、まだ半分も登ってない。ここから右手の尾根の方へ上がります。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

ここから先がキツイです。頑張りましょう。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

このへんは木が鬱蒼としていて陽が落ちると真っ暗になります。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

この急斜面を登り切ると展望台があります。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

垣生山展望台からの眺め。この日は視程が悪く、泣く泣く飛行機写真は撮らずに帰りました。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

 松山 垣生山展望台で撮った飛行機写真 

2月の上旬。この日は雲が全く無い快晴。垣生山登山3回目にしてやっと、憧れのあの飛行機写真が撮れる予感。。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

オレンジ色に美しく光る海。ここに飛行機が来れば。。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO100

と思いましたが、来なかったんです。。ちょうど良い時間に出発するANA B787は何と!RWY14テイクオフ。14じゃダメじゃん。。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO2000

次の出発となるピーチのエアバスA320が動き出したのは17時40分過ぎ。ピーチ以降の飛行機はRWY32テイクオフでしたが、完全に陽が沈んでからの離陸となりました。これはこれで良い飛行機写真になりました。いわゆるマジックアワーの飛行機写真。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/500秒・ISO800

海と夕焼けのグラデーションが美しいですね。真っ暗になる前に早く飛んでくれよっ!と心の中で叫んだ後に撮った飛行機写真。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/500秒・ISO640

到着機もこんな感じでマジックアワーに絡んできた。良いね!

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/500秒・ISO10000

ISO感度ぶっ飛びですが、こういうオレンジ&パープルに染まる空と飛行機を絡めた写真は、本当に美しい。憧れのショットは今のところ撮れてませんが、こういう飛行機写真も良いでしょ。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/500秒・ISO25600

結局唯一のチャンスだけ外れという如何とも言い難い結果で終わった、3度目にして一番天候が良かった垣生山登山。ANA B787は毎回RWY14テイクオフのような気がする。もうちょっと陽が長い時期のピーチ狙いだったら良かったのだろうか。
最後の写真は松山空港ターミナルの夜景。キレイですが、ここまで真っ暗な時間帯まで垣生山展望台に滞在してしまうと、帰りの山道が超真っ暗で怖かった。幸いにも3回目だったので何とか下山できましたが、初めてだったら泣くしかなかったかも。。

【松山の飛行機撮影ポイント】垣生山展望台 

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

 松山の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その6 展望デッキ

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/800秒・ISO2500

 松山の展望デッキはこんな場所 

松山空港の展望デッキ(送迎デッキ)はターミナルビル3F、スカイラウンジの横を抜けたところにありました。まあまあ広い。飛行機が駐機している場所の真ん前だけが人だかりになってる。。飛行機写真的には終日逆光。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

フェンスは太くて硬いタイプですが、一般の大人の目線もしくは胸のあたりの高さがガーンと空いている、飛行機写真好きにはこの上無い素晴らしい環境。鳥取空港も同じような感じだったけどこれは素晴らしい。全国全ての空港で採用して欲しいフェンスです。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

 松山の展望デッキで撮った飛行機写真 

エプロンに入ってきたジェットスターのエアバスA320。展望デッキじたいの高さがさほど無いので、良いアングルで飛行機写真が撮れる。フェンスに邪魔されるストレスが無いので気分良くシャッターを切れる。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/800秒・ISO2000

駐機中のANA B737。あれだけ飛行機の前に人がたかってると、フェンスの穴の前ポジションが確保出来ず写真を撮れないのが展望デッキの常ですが、松山の場合は何の問題も無く撮れる!

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/125秒・ISO400

RWY14からテイクオフしたERJ-170が目の前でエアボーン。たいがい後追いショットになる展望デッキから撮る出発機。エアボーンが早い小型機とは言え、エアボーンシーンの写真を真横から撮れるのはGood。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1250

最後の写真。こちらの飛行機は、駐車場から撮ったジェットスターのエアバスA320。駐車場からこんな風に飛行機が見える!滑走路も目の前!ココで離着陸する飛行機を狙うのも面白いかも。そんなことをこのブログを書きながら思いました。

【松山の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO1250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!