ベトナム航空のエアバスA350を羽田にて


 高級感漂うカラーリングに垂直尾翼のゴールドロゴ 

この夏のある日。羽田空港にて。
北風運用のこの日、RWY34Lへ着陸するベトナム航空のエアバスA350-900を国際ターミナルの展望デッキより撮影。
ベトナム航空は、エアバスA320しか見たことがなかったのですが、毎回スルーしてました。
(すいません…)
しかし、やっぱこれは格好良いよ!
白煙をあげてJALの格納庫前を横切る、ベトナム航空のエアバスA350-900。

ベトナム航空のエアバスA350-900

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO1600

ベトナム航空のエアバスA350-900

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO1250

めっちゃベトナム航空の塗装にマッチしている気がする。何となく高級感が漂う落ち着いたカラーリングに垂直尾翼のゴールドのロゴが美しい。

国際ターミナルの展望デッキの方へタキシングしてくるところも撮りたかったのですが、残念ながらこちらへは来ず、(エリア名わからん)RWY16Rエンド寄りの建物の反対側の方へ行ってしまいました。国際ターミナルの展望デッキからは全然見えないエリアです。この後何度か国際ターミナルの展望デッキからベトナム航空のエアバスA350-900の着陸機を見ましたが、毎回この展望デッキからは見えないエリアの方へ行ってしまいます。永遠にタキシングしているベトナム航空のエアバスA350-900は撮れないのだろうか。。

 ベトナム航空のエアバスA350撮影ポイント 

ハノイから羽田空港にやってくるベトナム航空のこの便は、384便。到着時刻は、STA(Scheduled time of arrival)で15時05分。ハノイからの到着便であれば、羽田空港が南風運用の時であればつばさ公園や城南島海浜公園からRWY22への着陸を狙えますね。北風運用の時であれば国際ターミナルの展望デッキや浮島町公園からRWY34Lへの着陸を狙っても良いですね。

羽田空港からハノイへ行く便は、385便。出発時刻は、STD(Scheduled Time of Departurre)で16時35分。羽田空港が南風運用の時であれば国際ターミナルの展望デッキでRWY16Rからのテイクオフを狙えます。浮島町公園から狙っても良いと思います。北風運用の時は、RWY05からのテイクオフになりますので、距離があり過ぎてちょっと厳しいですが、第二ターミナルの展望デッキから狙えないことはありません。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・国際ターミナル展望デッキ

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください