夕陽と富士山、そして飛行機~羽田沖より~


 ダイヤモンド富士狙い 

どんより曇天の空に辛うじて姿を現した富士山。裾の中腹付近に沈む太陽。ココは羽田空港RWY22沖。クルーズ船ツアーで狙いに行ったダイヤモンド富士と飛行機のショットチャレンジは、分厚い雲をギリギリ避けた夕焼けと富士山の写真となりました。
この写真はジールクルーズさんの「ダイヤモンド富士と夕暮れの羽田空港を眺めよう!クルーズ」でのショットです。

イヤモンド富士と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO3200

所謂ダイヤモンド富士の閃光は残念ながら拝めず。次回に持ち越しとなったダイヤモンド富士と飛行機のショットチャレンジ。それでも富士山の背景が燃えるような状態の夕焼けと、そこに飛び込む飛行機を撮れたのは収穫。JALのB767には衝突防止灯の赤い光を写し止められました。

イヤモンド富士と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO3200

 富士山上空の雲 

JALのB767連続ショット。飛行機の高度がだいぶ低い。富士山上空に雲が無ければ、本当は真っ赤な空と富士山の上を通過する飛行機が撮れてベスト。しかし、この天候では致し方無し。次の機会を待ちたいと思います。

イヤモンド富士と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO2500

帰還途中、クルーズ船のほぼ真上を通過するJALのB777。太陽はすでに姿を消し、富士山のシルエットも確認不可の状態。狙うのは勿論、衝突防止灯が赤く光る瞬間を写し止めたショット。上手くいくと気持ちいい!特にこういうアングルで決まった時はメッチャ快感です。

イヤモンド富士と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F5.6・1/200秒・ISO500

 こういう夕焼けの富士も良い。。

ウィングレット付きのANAのB767も衝突防止灯が入りました。JALのB767よりきもーち高めに飛んできました。富士山裾の付近を通過する飛行機の高度としては、このくらいがベストかな。周囲に雲の筋が沢山出ている夕焼けの富士山も、何度も見ていると好きになってくる。。

イヤモンド富士と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO3200

最後の写真。太陽が富士山の向こうに完全に沈む直前にやって来た飛行機はJALのB737。これでラスト。こういう時に限ってなかなか飛行機が来ない。ANAのB767から数分後、ようやくやって来たラストショットの飛行機は、まぁまぁ良い高さでのアプローチとなりました。

イヤモンド富士と飛行機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO4000

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・クルーズ船上
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください