夕陽がドラマティックな飛行機写真を狙うぞ


 クルーズ船より~夕陽と飛行機 

羽田沖からRWY34Rへランディングする飛行機を夕陽をバックに、逆光でドラマティックなシーンを狙う。真っ赤な夕焼けをバックに、とはいかなかったものの、まぁまぁドラマティックな雰囲気に決まったエア・ドゥのB767。株式会社ジールさんの「ダイヤモンド富士と夕暮れの羽田空港を眺めよう!クルーズ」で撮影したショット。
詳細はこちら・・・ダイヤモンド富士と夕暮れの羽田空港を眺めよう!クルーズ

夕陽をバックにエアドゥのB767@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

こういう黄金色に染まった空も全然OK。撮影当日は朝から太陽がどこらへんにいるのかも全くわからない超曇り空。いっそのこと雨の方がまだましな天候。中途半端な曇り空の飛行機撮影は一番つまらない。白っぽい背景に暗く落ちた飛行機を撮るなんて。そうは言っても折角2ヶ月前に予約したクルーズ船ツアー。半ば諦め状態で参加してのこのアウトプットです!何とか雲間から光が射した瞬間を捉えられたので、まぁまぁ良しではないですか!2枚目の写真はJALのB767。1枚目より光が弱まり、夕陽が今にも雲に隠れてしまいそうな直前のショット。
ところで、乗船時に一番最初に名前を呼ばれました。予約が一番早かったのかな。

夕陽をバックにJALのB767@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

 羽田といえど。。

日中のクルーズ船ツアーよりも値が張る夕陽狙いのツアー。乗船時間は2.5時間ですが、撮影ポイントまで結構時間を要するため、実際に飛行機を撮影出来る時間は僅か1時間強ほど。日本一のトラフィック量を誇る羽田といえどなかなか着陸機は来ない。。特にC滑走路側に降りる飛行機が少ない。A滑走路側はガンガン来ているのに。。結局夕陽に絡めた飛行機は 一昨日の投稿の写真を含めても3機のみ。少し割高感がありますが、ダイヤモンド富士を絡めた写真を撮れるまで通い続けるんだろうな。。

夕陽をバックにANAのB777@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO6400

 夕陽と飛行機撮影の帰りは 

最後の写真はコンテナターミナルのキリンさん。夕陽と飛行機撮影の帰りはコンテナターミナルの夜景を眺めながらの遊覧になります。ココは天候に無関係で楽しめます。年内の「ダイヤモンド富士と夕暮れの羽田空港を眺めよう!クルーズ」はもう無いので次は年明け2月ですね。

羽田空港沖のクルーズ船ツアーの帰りに撮ったコンテナ船の夜景

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF85mm F1.2L II USM・F1.4・1/250秒・ISO2000

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・クルーズ船上
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください