東峰神社で飛行機の出発を撮ってみたぞ!!


 敢えて南風で東峰神社 

最近、成田の東峰神社へ飛行機を撮りに行くと、兎に角人が凄くいますね。凄いと言っても十数人程度ですが、成田の飛行機ウォッチポイントの中ではかなり狭い場所です。ちょっと人が来ると飛行機撮影しずらいな、と思ってしまいます。成田空港が北風運用の時の東峰神社で撮る着陸機は、伊丹並みの超迫力ですが、今回は南風の時に出発機を狙ってみました!

東峰神社で飛行機の上がりを撮ってみる!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

東峰神社で出発機を撮るためには、周囲に張り巡らされた2mを超えるゴッツいフェンス越しのトライが必要です。2mの脚立を持ち込んでの撮影ですが、フェンスに登って成田のB滑走路を眺めるとこんな感じ。一番下の有刺鉄線の下のスペースを望遠レンズで切り取る!というトライの結果をご覧ください。奥の方にRWY16Lへラインアップした飛行機がいるのが分かりますか?

東峰神社で飛行機の上がりを撮ってみる!!

 有刺鉄線を回避して撮れる!飛行機 

ANAのB787が離陸滑走をスタートしたところ。キヤノンのEF100-400mmに×1.4のエクステンダーを装着してのショットです。遠い!メラメラも凄いですね。それでも、何とか有刺鉄線が写り込まずに飛行機を撮れそうです。

東峰神社で飛行機の上がりを撮ってみる!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

キヤノンのEF100-400mmに×1.4にエクステンダーを装着、560mmで引き付けたANAのB787の上がりです!東峰神社と言えば、北風の成田で着陸直前のド迫力の飛行機ショットですが、こんな上がりの飛行機ド迫力シーンも素晴らしいですね!

東峰神社で飛行機の上がりを撮ってみる!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

有刺鉄線があるので、これ以上レンズを上に振ると飛行機の手前に被ってしまうため、ほぼアングル固定で撮るしかありません。3mくらいある脚立を持ち込めば、有刺鉄線をクリアーして撮れるかもしれませんが、一般人にそこまでは無理でしょ。。これでもGoodショットだと思いますが。。

東峰神社で飛行機の上がりを撮ってみる!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 東峰神社の別の一面 

到着機のタキシングを狙うとこんな感じで至近距離で撮れます。この時撮った飛行機はアリタリアのスカイチーム塗装のB777。野球場ポイントで撮りたかったな。。まぁしょうがない。しかし、スカイチーム塗装の飛行機は格好良いな。。

東峰神社で飛行機の上がりを撮ってみる!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

次の写真はジェットスターのA320。背後に着陸機も写り込んでますね。成田のBランだからこその飛行機写真。Aラン側で出発機を狙っても着陸機とのコラボは遠すぎて厳しいですよね。

東峰神社で飛行機の上がりを撮ってみる!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。豪快なB737のエアボーンの背景にジンエアーのB737。背景の飛行機はメラメラで原型を留めないくらい歪んでいます。夏場の高気温時の撮影だし、これはもう凄いことになりました。本当は、NCAのジャンボをココ東峰神社で狙っていたのですが、この日は外れ。次回に期待したいと思います!

東峰神社で飛行機の上がりを撮ってみる!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・東峰神社
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください