フライングホヌ2号機をゲジポイントで撮る


 ちょっと落ち着いたゲジポイント 

珍しく地表付近まで青空に覆われた成田。ゲジポイントで狙ったANA フライングホヌのエアバスA380-841は、このポイントでは初めて撮るニコッと笑った表情が話題の2号機。グリーンカラーのホヌと呼ばれる飛行機は、個人的に1号機より好きかもしれません。

フライングホヌ2号機をゲジポイントで撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

夏休みの土曜日午後。ANA NH183便にアサインされたANA フライングホヌ2号機を撮影したのは14時30分過ぎ。思えばANA フライングホヌ1号機のエアバスA380を初めてゲジポイントで撮った今年5月の人の多さは凄かった。あの時よりは落ち着いたゲジポイントで、じっくり追い込んで撮れたANA フライングホヌ2号機のエアバスA380です。美しいですね。。

フライングホヌ2号機をゲジポイントで撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 フライングホヌと着陸機 

背景のマロウドホテル成田はバッチシ順光。その手前を駆け抜ける、ANA フライングホヌのエアバスA380 2号機。そして、成田のRWY16R手前で待機する飛行機は、タイガーエアのエアバスA320。このマニアックなゲジポイント。マニアックな人しか集まらない、何とも言えない雰囲気が好き。

フライングホヌ2号機をゲジポイントで撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

撮影時刻は成田の飛行機出発ラッシュの午後2時過ぎ。ゲジポイントで撮る飛行機は、着陸機にプラスした、RWY16Rへ進入前の飛行機を絡めたショットを撮りまくることが出来ます。粘ればB777や場合によりエアバスA380のダブルショットが実現することもあるかもしれません。成田の飛行機撮影ポイントでも、結構いけてるスポットの一つだと思います。

フライングホヌ2号機をゲジポイントで撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 集中力要のゲジポイント 

ANA フライングホヌ2号機(エアバスA380)の背景からマロウドホテル成田が消えた頃、飛行機の眼下には2機目の出発機が入ってきました。ジェットスターのエアバスA320です。ゲジポイントで着陸機と絡めて撮る出発機は、小型機がサイズ的に丁度良いですね。

フライングホヌ2号機をゲジポイントで撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。ほんの一瞬で終わるゲジポイントの飛行機撮影。中々こういう撮影ポイントって無いのではないでしょうか。集中力が必要です。ANA フライングホヌ2号機(エアバスA380)は、何とか上手くいきました。。

フライングホヌ2号機をゲジポイントで撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・ゲジポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください