大都会の高層ビルと飛行機を撮る~羽田空港


 高層ビルに同化したような飛行機@羽田 

羽田空港の国際ターミナル展望デッキより。東京お台場界隈の超高層タワーマンション群を背景に、羽田のRWY22へファイナルアプローチしてくる、JALのボーイング737。だいーぶ距離がありメラメラが半端無いショットですが、絵的には良いでしょ!大都会の高層ビルと飛行機の絡み写真です。

超高層ビルと飛行機@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

右手前に写っていた、デルタのトリプルセブン(ボーイング777)がフレームアウトした、2枚目の写真。高層ビルに同化したような飛行機は、まもなく羽田のRWY22へランディングします。逆光の影響で機首付近に出来たグラデーションが写真に渋味を加えてくれたかな。。

超高層ビルと飛行機@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

 高層ビルとの絡み~飛行機は大きいヤツが良い 

次にやってきた飛行機は、JALのトリプルセブン(ボーイング777)。やはり大都会の高層ビルと飛行機を絡めたシーンを狙うのであれば、飛行機は大きいヤツが良い。成田のようにジャンボ(ボーイング747/特に貨物系)がガンガン来たりはしませんが、トリプルセブンがひっきりなしに離発着する羽田は良いね。

超高層ビルと飛行機@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

 逆光の飛行機と暗めで無機質な高層ビル 

撮影時刻は、午後4時過ぎ。西日が逆光で当たる飛行機と少し暗めで無機質な高層ビルが、哀愁感を醸し出しています。タキシーウェイにいるANAのエアバスA320が、ちょうどJALのトリプルセブンの対角位置に収まってくれたため、構図的にナイスなバランスになりました。羽田の赤い誘導灯も何気に渋い!

超高層ビルと飛行機@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

最後の写真は、アイキャッチ画像にも使っているショット。高層ビル密集地帯の手前を横切る飛行機は、これだけ小さくても絵になりますね。羽田でこういう写真を撮っている人はあまりいないかもしれませんが、たまにはアリかなと。。

超高層ビルと飛行機@羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・国際ターミナル展望デッキ

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください