奥の細道で初撮り!~シャーメンのB787


 想定通り高い!シャーメンのB787 

厦門航空(アモイ航空)/シャーメン・エアーのB787-8、成田で飛んでいるところ初撮り。奥の細道で撮影しました。高いんだろうな。。との想定通り大韓航空のジャンボ以上の早さでエアボーン、地上物とは全く絡まない高度で目の前を通過していきました。

厦門航空/シャーメン・エアーのB787-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

厦門航空(アモイ航空)/シャーメン・エアーのイメージはB737。B787は8月5日から成田線に就航しているらしい。B787の存在にいつ気づいたのか記憶が定かではありませんが、機会があればGetしたいと思っていた機材です。

厦門航空/シャーメン・エアーのB787-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

 期間限定の成田線就航 

撮影時刻は午後4時過ぎ。冬場だとそろそろ撤収しようかと考えている時間帯。たまたま来たので撮った、厦門航空(アモイ航空)/シャーメン・エアーのB787。来年3月31日からの時刻表では機材がB737になっているMF810便。B787就航は期間限定のようです。

厦門航空/シャーメン・エアーのB787-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

厦門航空(アモイ航空)/シャーメン・エアーの成田到着便の使用滑走路は、A滑走路が多いのかな?B滑走路側の野球場ポイント十余三東雲の丘で見た記憶はあまり無い。13時40分着の時間帯的にB滑走路側で着陸機を狙いにいくことも多い僕的には、なおさらチャンスが少ないのかもしれません。

厦門航空/シャーメン・エアーのB787-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

 森の向こうへ~シャーメンのB787 

どこで撮ったか全く判らないかもしれない、厦門航空(アモイ航空)/シャーメン・エアーのB787。奥の細道で撮ったわけですが、奥の細道の撮影の醍醐味である成田の管制塔を絡めたショットは厳しいですが、せめてターミナルビルをバックに入れたショットは押さえたかったところ、全く無理ですね。。

厦門航空/シャーメン・エアーのB787-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

最後の写真。成田のA滑走路沿いの森の向こうに消え去る、厦門航空(アモイ航空)/シャーメン・エアーのB787。最後だけが漸く奥の細道で撮ったとはっきりわかる?写真になりました。。

厦門航空/シャーメン・エアーのB787-8

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・奥の細道
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください