奥の細道にて~安定の低さは!アエロメヒコ


 成田の管制塔前へ迫るB787 

成田空港周辺の超マニアックな飛行機撮影ポイント、奥の細道。成田スカイパークと呼ぶ人も。伊丹のスカイパークからきている通称と思われますが、成田で飛行機のエアボーンの瞬間をこんな迫力で撮れるポイントは癖になる。安定の低さで成田の管制塔前へ迫るアエロメヒコのB787は格好の被写体です!

奥の細道で安定した低さ!アエロメヒコのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

アエロメヒコのB787と成田空港の第一ターミナル。背景にはANAやユナイテッドなど、スタアラ勢のB777(トリプルセブン)。機体がもうちょっと先に進むと、アエロメヒコも加入しているスカイチーム勢のデルタや大韓航空などの機材が背景に入ってきます。日本勢はいないけど、スカイチーム良いよね!

奥の細道で安定した低さ!アエロメヒコのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

 奥の細道と電柱 

さぁ!相変わらず安定して低い高度でエアボーンしてきたアエロメヒコのB787。奥の細道での撮影では超邪魔な感じのこの電柱ですが、コイツの照明下を絶妙に潜ってきてくれると、成田の管制塔前を良い感じの高さで通過してくれます!これはだいーぶ良い感じですよ!

奥の細道で安定した低さ!アエロメヒコのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

今回狙ったわけでは無く、結構良い感じで衝突防止灯の赤い光が入ったアエロメヒコのB787。時間帯的には午後3時過ぎで、初冬の撮影では西日が当たり機体に翼の影が写り込んでくる。背景の空の色も哀愁の初冬の空!っという感じの、快晴だけど少し濁った感じの色になりますね。

奥の細道で安定した低さ!アエロメヒコのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

 インディアンとB787 

成田空港の管制塔前に迫る、アエロメヒコのB787。これ以上の高さで飛んでくるアエロメヒコのB787はちょっと想像できない。インディアンの横顔が描かれた垂直尾翼、国内勢には無いこのフィーリング、良いでしょ。

奥の細道で安定した低さ!アエロメヒコのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

最後の写真。アエロメヒコのB787、成田の管制塔上空通過シーン成立!1つ前のショットから想像するともっと管制塔と離れそうな感じですが、意外と離れなかったですね。あと機体半分くらい低いのがベストですが、これはこれで良し、かな。。

奥の細道で安定した低さ!アエロメヒコのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・奥の細道
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください