羽田の管制塔と政府専用機の日の丸ジャンボ


 国際ターミナルで撮る政府専用機 

羽田空港のRWY34Rからテイクオフした政府専用機の日の丸ジャンボ。羽田空港の管制塔と絡めて撮ってみました!のシーン。こういうショットも、たまには面白いかな。あと何回撮れるか、貴重な羽田で捉えた政府専用機の日の丸ジャンボです。

羽田の管制塔と政府専用機のジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

撮影ポイントは羽田空港国際ターミナル展望デッキ。政府関係者の海外訪問の情報が無かったこの日。朝からJALの格納庫前に駐機していた政府専用機の日の丸ジャンボの行き先は、恐らく新千歳。フツウこれを撮るのであれば、第二ターミナル展望デッキに行きたかったところではありますが。。

羽田の管制塔と政府専用機のジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

 エアボーンがメッチャ早いジャンボ 

恐らく超最小限の人員しか搭乗していない、政府専用機の日の丸ジャンボ。大型機のテイクオフがこんなところから姿を現すのはフツウはありえませんが、相変わらずエアボーンがメッチャ早い!おかげで成立した政府専用機の日の丸ジャンボと羽田の管制塔コラボショットです。

羽田の管制塔と政府専用機のジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

この時点でギア格納もほぼ終わってます、政府専用機の日の丸ジャンボ。第二ターミナル展望デッキで撮れば、大型機なのにエアボーンシーンを機体前方から撮れる。ルフトハンザのジャンボとかではあり得ないショットが撮れます。

羽田の管制塔と政府専用機のジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

 もう一回チャンスは?日の丸ジャンボ 

第二ターミナル展望デッキで撮りたかったな、政府専用機の日の丸ジャンボ。東京湾をバックに。。第二ターミナルへ行かなかった理由は、国際ターミナル展望デッキで、ある特別専用機を撮りたかったから。まだ出発する気配は無いと思ってたら、行ってしまったんです。あらら、という感じで。

羽田の管制塔と政府専用機のジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後の写真。当たり前ですが、何ぶんいつ頃出発するのかわからない政府専用機の日の丸ジャンボ。退役までにもう一回くらいチャンス来るだろうか。小さくなっていく政府専用機の日の丸ジャンボを見ながらもの思う。B777は撮るか微妙。。

羽田の管制塔と政府専用機のジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・国際ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください