カーゴジャンボを少し違うポイントから狙う


 コリアンエアカーゴのジャンボ 

成田の飛行機撮影定番スポットから少し外れた場所にて、飛行機を追ってみる。こちらは、ひこうきの丘臨時駐車場付近から撮影したコリアンエアカーゴのジャンボ(B747)。縦カットでギリギリ、ひこうきの丘から空の駅風和里しばやまへ通じるくねくね道がフレームインしてきます。

コリアンエアカーゴのジャンボをいつもと少し違うポイントから狙う

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

ひこうきの丘の展望広場ではなく、ココで飛行機を撮りたかったのは、飛行機の眼下に森をフレーミングしたかったから。この場所は、飛行機が空の駅風和里しばやま周辺の小山を一つ越え、成田のRWY34L手前の小山上空に差し掛かってくるところ。

コリアンエアカーゴのジャンボをいつもと少し違うポイントから狙う

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 ジャンボ機のベストアングル 

飛行機の降下とともに森との距離が狭まってきました。ちょうどジャンボ機(B747)の一番格好良いアングルになってきたところですね。意外と成田空港周辺にこういうシーンを撮れるポイントは、ありません。

コリアンエアカーゴのジャンボをいつもと少し違うポイントから狙う

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

小山を越えて、成田のRWY34Lへランディング直前の飛行機、コリアンエアカーゴのジャンボ(B747)。写真の奥にはRWY34Rへ進入するJALのB787が見えていました。ちょっと遠いよね。成田の場合は。。

コリアンエアカーゴのジャンボをいつもと少し違うポイントから狙う

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

コリアンエアカーゴの勇姿。成田のA滑走路側の飛行機撮影ポイントで、何度撮ったかこの飛行機。だいぶ年季が入った感があります。成田の午後の飛行機撮影で、間違いなくA滑走路側で撮れるジャンボ機(B747)。他の貨物系ジャンボが軒並み毎日運行ではなかったりするので、毎日見れるコリアンエアカーゴのジャンボ(B747)は、非常に有り難い存在。

コリアンエアカーゴのジャンボをいつもと少し違うポイントから狙う

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後の写真。空港フェンスを越え、成田空港領域内に進入するコリアンエアカーゴのジャンボ(B747)。チラッとアエロメヒコの垂直尾翼が見えています。ココからはタッチダウンの瞬間は捉えることは出来ません。

コリアンエアカーゴのジャンボをいつもと少し違うポイントから狙う

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・ひこうきの丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください