ベトナム航空A350を畑ポイントで捉える


 世界一美しい飛行機 

エアバスのA350を前方斜め45度から見た姿は、世界一美しい飛行機。ましてや、ベトナム航空のディープブルーのカラーリングを纏った飛行機は何と美しいことか。成田空港RWY34Lへランディングする直前のシーンを通称「畑ポイント」で捉えました。

ベトナム航空のエアバスA350を畑ポイントで捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

1枚目のショットから打って変わって望遠レンズの引きで撮った飛行機。畑ポイントからは人がいっぱいのひこうきの丘や岩山大鉄塔、そして手前には成田っぽい畑やビニールハウスを取り込んだ飛行機写真が撮れます。畑ポイントで漸く撮った、ベトナム航空のエアバスA350です。

ベトナム航空のエアバスA350を畑ポイントで捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 畑ポイントの電柱と周回道路 

畑ポイントの飛行機撮影では、こんな電柱が必ず飛行機の手前に被ってきます。しかし、この後畑ポイントで一番美味しいシーンが待っています。念願の畑ポイントで撮るベトナム航空のエアバスA350のハイライトですね。

ベトナム航空のエアバスA350を畑ポイントで捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

成田空港の周回道路上空を通過するベトナム航空のエアバスA350。畑ポイントは、飛行機を引き付けて撮ることが出来、手前の足元には対角線構図で成田空港の周回道路を配した構図を作ることが出来る。

ベトナム航空のエアバスA350を畑ポイントで捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 成田の管制塔とA350 

望遠ズームのテレ端を使って、目一杯引き付けて撮る飛行機、ベトナム航空のエアバスA350。畑ポイントは、ほぼ100%飛行機の背景に何かが写り込む状態で写真が撮れる。タキシーウェイにいる飛行機が入ってくることも多いですが、今回は駐機中の飛行機のみ。

ベトナム航空のエアバスA350を畑ポイントで捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。成田空港の管制塔をバックに、豪快にタイヤスモークを上げる飛行機のタッチダウン。決まりましたね、ベトナム航空のエアバスA350。成田の87.3mの巨大な管制塔をど真ん中に配しました。どんなシチュエーションでも決まる飛行機、ベトナム航空のエアバスA350。

ベトナム航空のエアバスA350を畑ポイントで捉える

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・畑ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください