やすらぎの杜で追うタイのエアバスA380


 巨大な飛行機~成田 

成田空港周辺の森影から巨大な飛行機が姿を見せました。タイのエアバスA380。週末の夕方16時少し前、成田のRWY34Lへファイナルアプローチするシーンです。あと3ヶ月弱でほぼ同じ時間帯にANAのA380もやって来るようになります。

朝倉やすらぎの杜で捉えたタイのA380

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

成田空港周辺は森だらけ。整備された幹線道路も脇道に入れば獣道。引き返すこともままならない山道に迷い混みます。朝倉やすらぎの杜周辺も似たような環境。深入りせず、入口付近で飛行機を待つのが間違いありません。飛行機撮影ポイントとしては、この看板付近がベストだと思います。

朝倉やすらぎの杜

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO800

 エアバスA380の宝庫、成田 

4月末からシンガポール航空は637便/638便をB787-10からA380にチェンジします。ANAのA380の運航も始まります。タイ、エミレーツ、アシアナ、マレーシア。。気づけば成田はエアバスA380の宝庫になります。

朝倉やすらぎの杜で捉えたタイのA380

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

こちらは朝倉やすらぎの杜に入る前に空の駅で撮ったショット。展示機と着陸機を絡めてみましたが、バランスがNG。電線も邪魔になります。一発で諦めて朝倉やすらぎの杜に行くことにしました。着陸する飛行機はデルタのB777。

朝倉やすらぎの杜へ向かう途中で捉えた飛行機

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO640

 まだまだ元気なA380 

タイのエアバスA380は2012年から2013年にかけて、エアバス社から合計6機納入されているうちの機材。まだまだ現役ですね。タイ国際航空が保有する機材の中では比較的新しい部類に入ると思います。全然年季は感じませんね。

朝倉やすらぎの杜で捉えたタイのA380

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後の写真。タイのエアバスA380を後ろからショット。もう少しで朝倉やすらぎの杜周辺の山越えとなり、成田へ進入する飛行機はRWY34Lへランディングします。既にひこうきの丘からもその姿は見えている頃でしょう。デカイ飛行機はやっぱ最高ですね。

朝倉やすらぎの杜で捉えたタイのA380

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください