タイ国際航空のジャンボ@成田


 芝山水辺の里で捉えたタイ国際航空のジャンボ 

タイ国際航空のジャンボジェット(ボーイング747-4D7)が、11月12日(日)から11月20日(月)までの期間限定で成田空港に来てますね!早速撮ってきました!
この写真の撮影ポイント・・・芝山水辺の里

タイ国際航空のボーイング747-4D7/成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F9・1/800秒・ISO200

ジャンボジェット(ボーイング747-4D7)が運航されているのは、バンコク/スワンナプーム国際空港発、成田空港行きのTG642便ですね。この便の成田空港到着時刻は、STA(Scheduled time of arrival)で午前7時35分。5時30分に起床して撮ってきました。

タイ国際航空のボーイング747-4D7/成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F9・1/800秒・ISO200

撮影場所は、芝山水辺の里。撮影した日の成田空港の朝は北風運用でしたので、成田空港への着陸機はタイ国際航空の機材の場合は、通常であればRWY34L(Runway 34[Three Four]Left)へ来るはず。RWY34L(Runway 34[Three Four]Left)への着陸であればひこうきの丘から狙いたいところですが、朝のひこうきの丘は完全に逆光になりますので、ひこうきの丘とはA滑走路逆サイドの芝山水辺の里から狙いました。

タイ国際航空のボーイング747-4D7/成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F9・1/800秒・ISO320

この日の天気予報は終日快晴でしたが、朝は雲が多く太陽も見えたり隠れたりのような状態。タイ国際航空のジャンボジェット(ボーイング747-4D7)が芝山水辺の里の上空に差し掛かった時は、微妙に陽が陰ってしまいました。
垂直尾翼のタイ国際航空のロゴがバシッと見えました。

タイ国際航空のボーイング747-4D7/成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F9・1/800秒・ISO320

タイ国際航空のジャンボジェット(ボーイング747-4D7)のほぼ真横からショット。カメラを構える方向により、空の色が全く違います。このショットは、良い感じの青空がバックになりました。

タイ国際航空のボーイング747-4D7/成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F9・1/800秒・ISO320

最後の写真は少しだけ後方からのショット。芝山水辺の里からだと、これより先は電線が邪魔になります。バックの青空は申し分無いのですが、機体はだいぶ使い込んでる感がありますね。

タイ国際航空のボーイング747-4D7/成田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F9・1/800秒・ISO320

 羽田のジャンボがB777に 

羽田空港へ来るタイ国際航空のTG682/TG683便(6時55分羽田空港着/10時35分羽田空港発)は、ジャンボジェット(ボーイング747)からボーイング777(トリプルセブン)になりました。タイ国際航空の羽田空港乗り入れ便は、TG660/TG661便が現在もジャンボジェット(ボーイング747)で運航されていますが、出発も到着も思いっきり夜です。タイ国際航空の成田空港への乗り入れ便の機体は、エアバスのA380は来ていますがジャンボジェット(ボーイング747)は来ていません。
今回は、明るい時間帯にタイ国際航空のジャンボジェット(ボーイング747)を狙える絶好の機会でした。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・芝山水辺の里

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください