A340迫力の離陸!成田の管制塔を霞める


 SASのエアバスA340@さくらの山 

木々が生い茂り、視程が良くない成田空港のRWY34L付近、森の向こうから姿を現したのは1階建ての4発機、エアバスA340です。機材の主はSAS(スカンジナビア航空)、背後にはRWY34Lへ進入するシンガポール航空のB787-10。

SASのA340@さくらの山

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F11・1/1000秒・ISO400

いつもどおり、ギリギリまで離陸を引っ張るSASのエアバスA340。航空科学博物館の建物をバックに、漸くフロントギアが上がり始めたシーン。ここまで引っ張るのはA380並み。さらにココからゆるーく上昇するのがSASのエアバスA340の特徴です。

SASのA340@さくらの山

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F11・1/1000秒・ISO400

 成田の管制塔とSASのエアバスA340 

さぁ!エアボーン、豪快に離陸したSASのエアバスA340。さくらの山展望広場のフェンス際に陣取った人全員が注目、カメラを構える中、ゆったり機体を持ち上げたSASのエアバスA340が低空で上昇、成田の管制塔と絡むコースへ。

SASのA340@さくらの山

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF600mm F4L IS USM + EXTENDER 2.0×・F11・1/1000秒・ISO400

さすがに管制塔を霞めるのは難しい。。しかし、さくらの山から100mmで機体と管制塔をフレームインさせたショットが成立するのは、SASのエアバスA340だけ。マレーシアのA380でも難しい。距離はあるけど悪くない。貨物エリアにANAカーゴの機材がやたらと沢山駐機しています。こんなにいたっけ?普段ほとんど観察してなかったので不明です。

SASのA340@さくらの山

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

 低いね!SASのエアバスA340 

さくらの山上空を通過する、SASのエアバスA340。ほらっ!ほとんど真横から撮っているようなイメージです。低いって素晴らしい。。奥のウィングレットの内側が機体のすぐ下に見える。それだけ低い、ということですね。

SASのA340@さくらの山

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。いつの日やら、「低空飛行番長」と僕が勝手に名付けたSASのエアバスA340。今回も期待を裏切らず超低空飛行でさくらの山上空を通過していきました。いつ見ても赤く塗装されたエンジンが素敵です!

SASのA340@さくらの山

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・さくらの山
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください