続々・垣生山で時を待つ@感動の飛行機写真


 夕焼けと飛行機 

2月下旬の松山。あの垣生山から狙う松山空港を離陸する飛行機写真。時刻は17時51分。キラキラ海と絡む飛行機写真のハイライトはもう終わったけど、超快晴の日であればまだまだ美味しい瞬間は続く。オレンジ色に染まった空をバックに、ジェットスターのエアバスA320がRWY14に降りてきた。この日は終日着陸機はRWY14着。RWY32着も日中の撮影だったら美味しいけどね。夕暮れ時はRWY14着が最高です。

続々・垣生山で時を待つ@感動の飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1250秒・ISO1600

松山空港のRWY14にタッチダウン直前の飛行機を望遠レンズで捉える。キラキラ海の情景は終わっても、飛行機の背景に入る海に浮かぶ島のシルエットがあるから、美しい飛行機写真が成立する。やっぱ松山は良いね。わざわざ松山まで行って、垣生山に登ったのは超正解!と思った瞬間です。次に松山に来れるのはいつになるだろうか。毎年来たいね!と思うくらい飛行機写真マニアにとってはメチャクチャ良いところです。

続々・垣生山で時を待つ@感動の飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1250秒・ISO1600

 太陽の下を通過する飛行機 

17時54分。ピーチのエアバスA320がテイクオフ。海がキラキラしているうちに上がって欲しかったところですが、少し遅かった。その代わり夕焼けとバッチりタイミングが合いました。空が一番オレンジ色に染まったタイミングで上昇するホワイト&ピンクの飛行機。関空遠征の時に夕焼けが終わってしまってから、ピーチのエアバスA320がRWY24Rへ降りるのを展望ホールから眺めたのを思い出した。今回はGoodでした。

続々・垣生山で時を待つ@感動の飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

最後の写真。太陽の少し下を通過した飛行機。もう少し太陽に近いところを通ってくれたら、ブラストが尾を引く形になったと思います。垣生山は既に下山を始めた人もチラホラ。僕も速攻で荷物をまとめて下山しましたが、場所によっては真暗になってました。前回、真暗な山道を一人で歩く怖い体験をしたので、今回は早めに切り上げました。

続々・垣生山で時を待つ@感動の飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

松山空港の飛行機写真撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください