成田で捉えた飛行機と光の光芒


 曇り模様の成田にて 

午前快晴、午後から超曇り模様となった成田。即行で帰ろうかと思ったけど、珍しく粘ってみようと思った。飛行機写真を撮りに向かったのは野球場ポイント。まばらな人の中で、ひとりRWY16R方向にレンズを向ける。

成田で捉えた飛行機と光の光芒

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO160

野球場ポイントで狙った飛行機写真は、雲と雲の間から溢れてくる光の光芒と、そこに絡む飛行機の写真。1枚目の写真は光芒の筋はボヤッとしているけど、飛行機のトップにキレイにハイライトが入った。出来るだけ雲を多めにフレーミング出来るように標準ズームを使った。

成田で捉えた飛行機と光の光芒

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO160

 光の筋と飛行機 

少しずつ光の筋がはっきりしてきた。超曇りでも雲に切れ間があれば面白いシーンを切り取ることが出来る。勿論粘りも必要。1時間くらい粘って、ようやく良い感じに光芒が降りてくる状態になってきた。こうなってくるとテンションが上がってくる。

成田で捉えた飛行機と光の光芒

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

エアバスA350の垂直尾翼手前にもハイライトが来た。どこのエアラインの飛行機だったかは覚えていない。正確に言うとチェックしてなかった。恐らく時間帯的に、成田のAランに降りるエアバスA350であればデルタかな。

成田で捉えた飛行機と光の光芒

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

 アッパーマウント付きの飛行機 

この飛行機のシルエットはジャンボ。コリアンエアカーゴのKE551便。成田の夕方ではお馴染みの飛行機。お約束のRWY16R降り。1機くらいはアッパーマウント付きの飛行機を入れておきたかった。タイミングによってはBラン降りもあるからね。

成田で捉えた飛行機と光の光芒

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO200

最後の写真。この後雲が急激に消え、快晴になった。それはそれでラッキーだったけど、最後に飛び込んできた飛行機はユナイテッドのB787。ニューカラーだった。勿論この写真では全然わからない。そのうちどこかで捉えたい。

成田で捉えた飛行機と光の光芒

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO125

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください