パキスタン国際航空のレトロ塗装機


 ゲジポイントで捉えたパンダっぽいレトロ塗装機 

パキスタン国際航空のレトロ塗装機、ボーイングトリプルセブン(777-2Q8/ER)を成田ゲジポイントにて撮影。何かパンダっぽい。
この写真の撮影ポイント・・・ゲジポイント

成田ゲジポイント パキスタン国際航空のボーイング777-2Q8/ER

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO500

成田空港のRWY16R(Runway 16[one six]Right)へ向けてタキシング中のパキスタン国際航空のボーイングトリプルセブン(777-2Q8/ER)を真横から。

成田ゲジポイント パキスタン国際航空のボーイング777-2Q8/ER

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO400

 たまたまの出会い~パキスタンのレトロ塗装機 

私が成田空港周辺に飛行機の写真撮影に行くのは、基本的に土日祝祭日ですがたまたま平日に訪れたある日の午後撮ったパキスタン国際航空のレトロ塗装機、ボーイングトリプルセブン(777-2Q8/ER)です。パキスタン国際航空の成田空港発着は全て平日だと思うので、たまたま平日に訪れ、レトロ塗装機に当たりラッキーでした。

成田ゲジポイント パキスタン国際航空のボーイング777-2Q8/ER

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO640

ほぼ真正面から。パンダみたいなフロントフェイスが可愛らしい。
平日にもかかわらずゲジポイントは10人以上のカメラマンの方がいました。

成田ゲジポイント パキスタン国際航空のボーイング777-2Q8/ER

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO500

地上にいる飛行機を撮る時は、この角度が一番カッコいい。航空管制官から「Lineup and Wait」 がかかってRunwayに進入するところですね。

成田ゲジポイント パキスタン国際航空のボーイング777-2Q8/ER

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後は、航空管制官の「Cleared for Takeoff」 のコールを待つパキスタン国際航空のボーイングトリプルセブン(777-2Q8/ER)を真横から。

成田ゲジポイント パキスタン国際航空のボーイング777-2Q8/ER

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F11・1/1000秒・ISO400

ネット上で時刻遅れの常習のように書かれている記事が目立つパキスタン国際航空ですが、この日はどうだったのでしょうか。成田空港からの出発便は全てSTD(Scheduled Time of Departurre)で14:00だと思いますが、撮影時刻は15時23分です。予定より少し遅れで出発したと思われます。

最後までお読み頂いて有難う御座います。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・ゲジポイント

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください