【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園


 高松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その6 さぬき空港公園

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

高松空港の西側一帯に大きく広がるさぬき空港公園。主にRWY26からテイクオフする飛行機やRWY08にランディングする飛行機を撮影できます。園内は〜ゾーンや〜広場というテーマ別のエリアが多数存在しますが、そのうち飛行機写真を撮れるのはアドベンチャーゾーンと体験広場の2カ所です。それぞれの場所及びそこで撮影した飛行機写真をご紹介します。

 高松 さぬき空港公園アドベンチャーゾーンはこんな場所 

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

上の地図に記したとおり、アドベンチャーゾーンは高松空港RWY08エンド付近の北側にあります。ターミナルからだとかなり距離あります。駐車場、トイレは勿論あります。下の写真の下の方が駐車場で左の一番上が展望広場です。駐車場から展望広場までは5分以上歩きます。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

アドベンチャーゾーンの展望広場はこんな感じです。終日逆光、三段以上の脚立要です。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

RWY08側の眺め。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

展望広場から駐車場の方を24mmで撮ってみました。遠いでしょ。。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

RWY26側の眺め。木の枝が邪魔になってしまうので、RWY26上がりのエアボーンの瞬間を捉えるのは難しい。勿論機体が浮き上がるタイミングによります。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

 さぬき空港公園アドベンチャーゾーンで撮った飛行機写真 

RWY26にランディング、RWY08エンドから折り返してきたスプリングエアーのエアバスA320。これは脚立無しでもいけるショットです。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

チャイナエアのB737。この飛行機だけはエアボーンの瞬間が撮れました。ちょっとゆっくり目に浮き上がってくれたので。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

JAL B767。国内線はこのくらいの高さが普通です。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 高松 さぬき空港公園体験ゾーンはこんな場所 

体験ゾーンは高松空港RWY08エンド付近の南側にあります。さぬきこどもの国の先の道路が細くなったあたりです。駐車場はありますが、トイレはありません。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

体験ゾーン入口付近からの眺め。奥が小高い丘になっていて、その上から飛行機写真が撮れます。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

丘の上はこんな感じです。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

 高松 さぬき空港公園体験ゾーンで撮った飛行機写真 

RWY26からテイクオフした香港エクスプレスのエアバスA320。体験ゾーンは、高松空港の滑走路南側に位置するので、終日順光で飛行機写真が撮れます。高松空港の管制塔を絡めて、かなり良い感じです。

【高松の飛行機撮影ポイント】さぬき空港公園

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/640秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください