【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!


 神戸の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

海上に浮かぶ神戸空港。神戸市の中心部からの距離がさほど無く、アクセスしやすいこの空港。飛行機のトラフィックは多くはありませんが、訪れてみると実に素晴らしい飛行機写真撮影ポイントでした。

 神戸空港の飛行機写真撮影ポイント 

神戸空港は車でのアクセスの場合、連絡橋を渡りますがこれが有料ではない。良心的です。飛行機写真は、海上空港のため必然的にターミナル内での撮影が中心になります。早速ターミナルに入ると、メッチャきれい。どことなくオシャレな感じもします。さすが神戸。。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

神戸空港の展望デッキはターミナルビルの4Fにあります。3Fの展望デッキ入口からアクセスします。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

この階段を登れば展望デッキです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

コンパクトなスペースですが、小綺麗でオシャレなスペースですね。平日だったので、人もまばらです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

フェンスには一応カメラレンズを差し込める穴がありますが、メチャクチャ小さいです。大口径レンズは不可。どこに穴があるのかすぐにはわからないほど小さいです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

展望デッキの東側に白いオシャレな建物があります。フェンスの穴を使っての飛行機写真撮影は無理だと分かったので、この建物の階段から撮ることにしました。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

ここなら余裕でフェンスをクリアー出来ます。幸いにも僕が神戸空港を訪れた時は全然人が来なかったので、人通りを気にせず飛行機写真を撮れましたが、建物の上はレストランなので、時間帯によっては撮影は厳しいかもしれません。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

この場所以外にもターミナル3Fには全面ガラス張りですが、駐機する飛行機を目の前で見れる場所があります。また、ターミナルの外に出てRWY09エンドまで行けば、神戸空港島西緑地で美しい砂浜を絡めて飛行機写真が撮れます。西緑地は車で行けます。立て付けの悪いドア付きのトイレもあります。いずれの場所も滑走路北側になり、終日逆光です。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

 神戸空港で撮った飛行機写真 

RWY09からテイクオフしたソラシドのB737。青い海とタンカー、遠くにうっすらと見える山。これぞ神戸!良いね。RWY27からのテイクオフだとエアボーンの瞬間は恐らく後追いになりそうです。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1250

駐機中のスカイマークのB737。距離感、角度ともに良好です。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO400

ちょうど正面で真横を向いたANA エアバスA320。逆光で程よく機首付近にハイライトが出来ています。風がメッチャ強かったな。強風を波が物語っています。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

エプロンエリアに入ってきたスカイマークのB737。逆光で出来た2か所のハイライトが美し過ぎる。背景の海もこれでもか!と言うくらい輝いています。この飛行機写真は、展望デッキではなくターミナルビル3Fのガラス越しに撮りました。展望デッキではなく、3Fだからこそ撮れた飛行機写真だと思います。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。神戸空港島西緑地で撮った、海と砂浜を眼下にRWY09に降りてくるスカイマークのファイターズジェット。雲が多めの飛行機写真になってしまいましたが、何とか太陽光が飛行機に当たってくれました。

【神戸空港】飛行機撮影ポイントです!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難う御座います。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください