【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ


 小松の飛行機撮影ポイントをご紹介する記事です。

その1 展望デッキ

【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

 小松空港 展望デッキはこんなところ 

小松空港の展望デッキは北側のRWY24エンド寄りのターミナルビル3Fにあり、RWY24へランディングする飛行機をアプローチからタッチダウンまで良い感じのアングルで狙えます。滑走路北側になるため終日逆光ですが、小松市街の建物や山を背景に入れたナイスな飛行機写真を狙えます。

【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

適度に広い展望デッキ。RWY24エンド側の視界は開けていますが、RWY06側の見通しは良くないです。

【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

ワイヤーフェンスが張られていますが、カメラレンズが差し込めるように所々ワイヤーが歯抜けになっているので、撮影し易いです。77mmの大口径レンズでも余裕で差し込んで振り回せます。

【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

 小松空港 展望デッキで撮った飛行機写真 

ANAのB737が降りてきました。高めの建物が背景に入ってくるので、個人的には結構好きかな。アングルも良い感じになります。

【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

RWY24着の飛行機は、ほぼ正面でタッチダウンとなります。本当は斜め前方から狙いたいところですが、これはこれで悪くないと思います。

【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

展望デッキ正面の駐機スポット以外からプッシュバックされる飛行機は、クリアーに捉えるのが難しいです。

【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

展望デッキ正面の駐機スポットに入ってくるANAのB737。一番良いアングルまでジックリ待ってシャッターを切りました。

【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

ボーディング・ブリッジへ接続直前の飛行機。こういう比較的低アングルかつ至近距離で狙える飛行機のアップショットはローカル空港ならでは。最高ですね。

【小松の飛行機撮影ポイント】展望デッキ

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
他の小松の飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください