ノックスクートのB777@野球場ポイント


 野球場ポイントで撮る飛行機 

あたり一面の緑畑、遠くには成田空港の赤い進入誘導灯。そして、青い空は適度に雲が散らばった飛行機撮影日より。そこにやってきたのは、白ベースに黄色いラインの飛行機。スクートのB787にあらず、ノックスクートのB777です!

ノックスクートのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

ノックスクートのB777が成田へ着陸するのは、午前10時30分前後。僕は直前まで滑走路反対側の第三四本木橋で飛行機を撮ってました。時間帯的にどっちで撮るか悩みますね。順光と逆光の変わり目になる時間帯です。ノックスクートのB777の時は、まだ第三四本木橋でも行けそうに思いましたが、野球場ポイントがベターと判断しました。

ノックスクートのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

 野球場ポイントのポジション取り 

飛行機の下方部までしっかり光が回ってませんが、上々でしょう。今回は野球場ポイントの高速道路寄りにポジションを取りました。もっと北側の道沿いで撮る人が多いですが、僕は高速道路寄りが好き。電線が邪魔になり易いポジションですが、畑や進入誘導灯、そして中央付近に写っている小屋などを目一杯フレームに取り込んだ飛行機写真が撮れるのが良い。

ノックスクートのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

そして、野球場ポイントのこのポジションが好きな理由のもう一つ。東関東自動車上空を通過する飛行機ショット。第三四本木橋と違い、野球場ポイントの場合は飛行機の前方からは撮れませんが、これはこれで好きです!

ノックスクートのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

 ノックスクートのデザイン 

いっきにズーム側で最後の何枚かを狙いにいったノックスクートのB777。垂直尾翼に陽が当たってませんでした。まだ、第三四本木橋で撮った方が良かったのかな。。太陽は進入誘導灯よりも少し西側まで来ていたのですが、非常に判断が難しいところでした。

ノックスクートのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

最後の写真。飛行機の上部に出来たハイライト光が美しい、ノックスクートのB777。見れば見るほどユニークなデザイン。高速道路走行中にこんな飛行機が目の前を横切ったら、テンション上がりますよね。。

ノックスクートのB777@野球場ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください