スカイツリー上を!ルフトハンザジャンボ!


 第二ターミナル展望デッキより 

週末の午後3時過ぎ。羽田空港第二ターミナル展望デッキは、望遠レンズを装着したカメラを構える人が最も多くなる時間帯。ターゲットは勿論この飛行機。ルフトハンザのジャンボ(B747)。羽田の午後の主役です。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

ルフトハンザジャンボ(B747)のエアボーンは、いつもダントツで遅い。羽田空港を離発着する飛行機で一番デカイわけで当たり前。しかし、この時はルフトハンザジャンボ(B747)にしては早めにボディが浮き上がりました。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO500

 ルフトハンザのニューカラー機 

成田線就航のルフトハンザカーゴのB777は、ニューカラー機登場頻度が増えているように思います。羽田ではA350のニューカラー機は見たことあります。ジャンボ(B747)はいつ見れるだろうか。未だ出会えない飛行機。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

西日を浴びて少し黄ばんで見えてしまうのが難点な、ルフトハンザジャンボ(B747)。特に離陸がこの時のように午後4時近くなると、こうなるのは致し方なし。ルフトハンザジャンボ(B747)が離陸すると、一気に望遠レンズを装着したカメラを持った人たちが引き上げていきます。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

 キセキの高さ!ルフトハンザジャンボ 

東京スカイツリーとルフトハンザジャンボ(B747)。この飛行機はたいていの場合、スカイツリー前を通過する時の高さは展望台あたり、という低さです。スカイツリーの上を通過するシーンはメチャクチャ貴重です。こういうこともあるのね。。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後の写真。キセキの東京スカイツリーのさらに機体1つ分上を通過する、ルフトハンザジャンボ(B747)。東京スカイツリーと飛行機のコラボショット的には、あと2つ分くらい低くても良い。しかし、これはこれで素晴らしい飛行機写真かな。。

羽田で何度め?ルフトハンザのジャンボ!!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください