関空で唯一のレギュラージャンボは美しい!


 ルフトハンザのジャンボ 

関空で見れる旅客系ジャンボ(B747)は貴重。成田や羽田でも”そう”ですが、本当に旅客系ジャンボ(B747)を撮れる場所、機会は少ない。そんな中、関空にレギュラーで就航してくれているルフトハンザのジャンボ(B747)を展望ホール・スカイデッキから捉えたショットです。

関空で唯一のレギュラージャンボは美しい

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

1年振りの関空で捉えたルフトハンザのジャンボ(B747)。この飛行機は、B747-400型。B747-8型は関空線に入ってないのかな。。まだ、ニューカラーリングのルフトハンザのジャンボを関空では見ていません。。関空への飛来は近々にあるのかな。。

関空で唯一のレギュラージャンボは美しい

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

 ジャンボのテイクオフ 

関空の燃料貯蔵施設をバックに、飛行機のエアボーンの瞬間を捉えたシーンはどれだけ撮っても飽きることがありません。ルフトハンザのジャンボ(B747)は、絶妙なタイミングでヘッドアップしてくれました。ジャンボ(B747)のテイクオフシーンは何度撮っても、感動しますね。。

関空で唯一のレギュラージャンボは美しい

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

大阪湾をバックに上昇していく飛行機。ルフトハンザのジャンボ(B747)。逆光ですが、格好良いこと文句無し。関空で唯一のレギュラージャンボは美しい!関空展望ホールで撮る飛行機ショットは、フェンスや照明塔ポールが邪魔にならない分、撮り易くそして自由な構図で飛行機写真が撮れる。

関空で唯一のレギュラージャンボは美しい

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

 光立ち込める飛行機 

撮影時刻は午前10時過ぎ。9時台には飛行機が関空展望ホール前を通過する際、機体上部に入ったハイライト光が入らなくなりました。特徴の無いただの逆光の飛行機写真になってしまいそうなルフトハンザのジャンボ(B747)。Lightroomでシャドーを大分持ち上げ気味でRAW現像しています。

関空で唯一のレギュラージャンボは美しい

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

最後の写真。お決まりの後追いショットは、意外とほぼ上昇モード終了に近いルフトハンザのジャンボ(B747)。完全に逆光なのに機体中央部に薄く光が立ち込めている、不思議な飛行機写真。

関空で唯一のレギュラージャンボは美しい

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関空で撮った飛行機写真を集めてみました。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください