ルフトハンザ ドイツ航空のジャンボジェット/つばさ公園


 テイクオフシーン@ルフトハンザのジャンボ 

ルフトハンザ ドイツ航空のジャンボジェット(ボーイング 747-830)。羽田発フランクフルト行きのLH717便、出発時刻は夏場のSTD(Scheduled Time of Departurre)で14時05分、撮影場所は、私がお気に入りのつばさ公園。羽田空港RWY34R(Runway 34[Three Four] Right)からのテイクオフシーンです。

羽田 つばさ公園 ルフトハンザ航空 ボーイング 747-830

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

 つばさ公園は良いね! 

エアボーン直後のルフトハンザ ドイツ航空のジャンボジェット(ボーイング747-830)。大型機らしいゆったりとしたテイクオフで海や羽田空港の進入誘導灯と綺麗に絡んでくれました。こういう写真が撮れるつばさ公園は、やっぱり良いところです。

羽田 つばさ公園 ルフトハンザ航空 ボーイング 747-830

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

つばさ公園上空を右に旋回し、東京ゲートブリッジ方面へ飛行していくところを真横から。good day!

羽田 つばさ公園 ルフトハンザ航空 ボーイング 747-830

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

 首都圏で撮れるジャンボ 

羽田空港へ乗り入れるジャンボジェットは、タイ国際航空、ルフトハンザ ドイツ航空、カンタス航空の3社です。一方で、成田空港へ乗り入れるジャンボジェットは、成田ーデトロイト線のデルタ航空のジャンボジェット(ボーイング747-451)とダイナスティ(チャイナエアライン)の成田-台北線のジャンボジェット(ボーイング747-409)が10月末で退役となると、旅客系のレギュラーは消滅します。コリアンエアー(大韓航空)のジャンボは時折成田へ来ているようですが、気づけば首都圏で旅客系のジャンボをレギュラーで撮れるのは羽田空港のみとなってしまいます。

貨物系のジャンボジェットは、成田空港には数多く乗り入れていますので、全体では成田の方が圧倒的にジャンボジェットの乗り入れ数は多いですが。NCA(日本貨物航空)、ポーラーエアカーゴ、カーゴルクス・イタリア、コリアンエアカーゴ、キャセイパシフィックカーゴ、アシアナカーゴ、アトラス、チャイナエアラインカーゴ。。まだあるかな?私が知っている限りでも山ほどいますね。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・京浜島つばさ公園

関連記事:

1 thought on “ルフトハンザ ドイツ航空のジャンボジェット/つばさ公園

  1. ピンバック: ルフトハンザのファンハンザ | MGT Greenjet 飛行機撮影記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください