大韓航空のジャンボジェット@大迫力の着地!!


 タイヤスモークをドーンと上げる大韓航空のジャンボ 

成田空港のRWY16Lへランディングする大韓航空のジャンボ(ボーイング747-8B5)。大型機ならではの大迫力の着地シーンご覧ください。ゴルフ場入口で脚立の上から3mくらいあるフェンス越しに撮影しました。
この写真の撮影ポイント・・・ゴルフ場入口

大韓航空のジャンボ@ゴルフ場入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

タイヤスモークをドーンと上げる、大韓航空のジャンボ。4月から5月上旬にかけてKE703/KE704便に入っていたジャンボです。次にKE703/KE704便にジャンボが入るのは8月ですね。成田だけではなく、羽田や関空など韓国から来る飛行機の数って半端なく多いです。大韓航空をはじめアシアナやさらにLCC系も数多く来ます。それだけ需要がある、ということだと思いますが大韓航空はA380の投入はないのだろうか。アシアナみたいに。。

大韓航空のジャンボ@ゴルフ場入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

 一番スモークがあがったショット~大迫力の着地シーン 

タイヤスモークショット、もう一発見てください!一番スモークがあがったショット。ゴルフ場入口での撮影は、脚立の上からフェンスに身を乗り出し不安定な体制での撮影になります。正直あまり楽な撮影ではないのですが、苦労した分こういうショットが撮れると報われた感があります。

大韓航空のジャンボ@ゴルフ場入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

まだフロントギアが浮いている状態ですが、着陸の緊張感から解放されたような落ち着き感のある機体。大韓航空のジャンボは、このまま第一ターミナルの駐機スポットへタキシングしていきます。

大韓航空のジャンボ@ゴルフ場入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

 8系で洗練された大韓航空のジャンボ 

大韓航空のジャンボをほぼ真横から。そう言えばB747-8系はウィングレット無しですね。400系はウィングレット有りで、そこに大韓航空のロゴが入ってました。エンジンの形状が8系と400系では異なりますが、カラーリングも異なります。400系はグレーでしたが、8系はホワイトでセンター部分がブラック。ロゴの位置が少し後ろに移動しました。コッチの方がオシャレで格好良い!だいぶ洗練された感があります。

大韓航空のジャンボ@ゴルフ場入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

大韓航空のジャンボ、右斜め後方からショット。この日の成田空港は終日南風運用でRWY16L/R使用でした。ゴルフ場入口は北風運用時のRW34Rの方が着地点が近く、人もたくさん集まります。この日はメッチャ天気良かったのですが、私以外誰も来ませんでした。

大韓航空のジャンボ@ゴルフ場入口

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・ゴルフ場入口

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*