超美しいKLMのB787~十余三東雲の丘


 KLMブルーの飛行機 

成田線に入るホワイトベースのカラーリングではない希少な飛行機。このブルー、良いよね!KLMオランダ航空です。RWY16Lへ降りてきたのはB787-9。KLMと言えば「KLM ASIA」の表記が残ったままのB777が僕の中のイメージですが、KLMのブルーにはB787が良く似合う。この飛行機、好きだな。。

超美しいKLMのB787~十余三東雲の丘

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

十余三東雲の丘で撮る、コンクリートウォール上を滑るように進む飛行機。周囲の電線が何気に邪魔になるため、タイミングを見ての撮影になります。飛行機は一旦この壁に隠れ、再び姿を現しますが、壁の影から飛び出してくる瞬間は集中力を要します。

超美しいKLMのB787~十余三東雲の丘

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 見えないところから飛行機 

さぁ!成田空港RWY16Lエンドのコンクリートウォール影から飛び出して来たKLMのB787。バシっと捕まえました。そう言えば成田での飛行機撮影では、見えないところから飛び出してくる機体を捉えるような撮影ポイントが多いよね。。

超美しいKLMのB787~十余三東雲の丘

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

十余三東雲の丘もそうですが、東峰神社、ゲジポイント、さくらの山臨時駐車場、奥の細道。。見えないところ、或いは見えにくいところから飛び出してくる飛行機を撮るのは結構緊張します。これが成田の飛行機撮影の面白いところの一つかもしれませんね。

超美しいKLMのB787~十余三東雲の丘

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 十余三東雲の丘の泣き所 

真横から見るKLMのB787。KLMのB787を成田以外で撮ったのは、関空と福岡。中々、真横&水平状態で撮るのは難しいポイントでの撮影だったかもしれません。意外とこういう超至近距離で外国籍の飛行機を撮れる場所って少ないかもしれませんね。

超美しいKLMのB787~十余三東雲の丘

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。だいぶ先の方まで行ったKLMのB787。十余三東雲の丘の泣き所。飛行機のタッチダウンを電線が邪魔で撮れないゾーンを抜けたところです。距離がメッチャあり、激しくメラメラが発生していますが、B787の美しい後ろ姿を捉えることが出来ました。

超美しいKLMのB787~十余三東雲の丘

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・十余三東雲の丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください