KLMオランダ航空のボーイング777


 ライトブルーの美しい機体~KLM 

KLMオランダ航空のライトブルーの美しい機体。成田空港周辺で撮影したボーイング777-306/ER(トリプルセブン)の写真です。
成田の飛行機撮影ポイントを見る

KLMオランダ航空のボーイング777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8・1/800秒・ISO250

奥の細道にて、成田空港の第一ターミナルをバックにRWY34L(Runway 34[Three Four]Left)からテイクオフするKLMオランダ航空のボーイング777-306/ER(トリプルセブン)。

KLMオランダ航空のボーイング777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8・1/800秒・ISO320

成田空港RWY34Lエンド(Runway 34[Three Four]Left end)付近、グリーンポート エコ・アグリパークにてピンクコスモスを絡めたショット。天候が今一つでしたが、KLMオランダ航空のライトブルーの機体とピンクコスモスが良くマッチしています。

【成田の飛行機撮影スポット】グリーンポート エコ・アグリパーク@KLMのB777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-70mm F4 L IS USM・F11・1/800秒・ISO400

ゲジポイントにて、成田空港のRWY16R(Runway 16[one six]Right)へ向かうKLMオランダ航空のボーイング777-306/ER(トリプルセブン)。KLMアジアが存在した時代に塗装された機体。旧KLMアジアの場合は、垂直尾翼に王冠が描かれていませんね。

KLMオランダ航空のボーイング777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8・1/800秒・ISO250

次の写真もゲジポイントで撮影した1枚。成田空港のRWY16R(Runway 16[one six]Right)へラインアップするKLMオランダ航空のボーイング777-306/ER(トリプルセブン)。

KLMオランダ航空のボーイング777

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8・1/800秒・ISO320

 KLMとは。。 

KLMオランダ航空の「KLM」とは、Koninklijke Luchtvaart Maatschappij(K=コーニンクルッケ、L=ルフトファールト、M=マーツハッペイ・・・王立航空会社)だそうですが、「王立」だからロゴに王冠をあしらっているのですね。

アムステルダム発成田行きKL861便の成田空港到着時刻は、STA(Scheduled time of arrival)で9時35分。到着機をさくらの山(南風運用時)やひこうきの丘(北風運用時)で狙うと逆光になります。成田発アムステルダム行きKL862便の成田空港出発時刻は、STD(Scheduled Time of Departurre)で11時25分。出発機は、さくらの山やひこうきの丘で狙うと、ちょうど順光になっている時間帯です。現在使用されている機体はボーイング777-200になっているようです。

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
成田の飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください