ひたすら待った政府専用機。羽田空港にて。


 ガリバーズデッキで発見!政府専用機 

7月上旬の日曜日、終日曇天の予報に反して結構良く晴れていた羽田。朝から至るところに警官が待機、国道357号線からつばさ公園へ向かう道まで封鎖。物々しい羽田空港周辺の原因はコレの離発着。政府専用機がJAL格納庫前に駐機していました。
この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ

羽田でキャッチ!政府専用機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

1枚目の写真は、第一ターミナル展望デッキの屋上(ガリバーズデッキ)の南側から撮ったショット。東京湾を航行するタンカーをバックに入れて、中々Goodなショットになりました。羽田に駐機している飛行機の写真では一番良いショットになったかも!たまたま6Fが撮れる場所が空いていなかったので屋上に上がり、政府専用機を発見して撮ったのですが。。

 空飛ぶ政府専用機、ひたすら待ち 

さて、ここからは空飛ぶ政府専用機を撮るため、ひたすら待ち、の時間が始まりました。

そもそも防衛省のホームページに今回の運行情報はあがっていただろうか。。私の見落としかもしれませんが、これから何処に出発するのかよくわからなかった、この時の政府専用機。外回りを清掃しているように見えたため、これは千歳に帰ると予想。第二ターミナルの展望デッキで待つことにしました。

いつ飛ぶのか全然わからない政府専用機。1枚目の写真が11時頃。そこから待つこと4時間半。その時は突然来ました!第二ターミナルの南側からRWY16Lへ向かう政府専用機。
これ以降の写真の撮影ポイント・・・第二ターミナル展望デッキ

羽田でキャッチ!政府専用機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

待ってた甲斐がありました。あと1時間待たされたらギブアップだったかも。ルフトハンザのジャンボも離陸したし。いつもルフトハンザのジャンボが離陸すると、さーっと人が減る休日の羽田空港第二ターミナル展望デッキですが、この日はほとんどの人が粘っていました。これだけ待たされると、既に反対側のA滑走路から離陸してたりして。。という不安に襲われる。良かった!

羽田でキャッチ!政府専用機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

 羽田ならではの光景と政府専用機 

東京ゲートブリッジと葛西の観覧車をバックに、政府専用機の勇姿。羽田ならではの光景。

羽田でキャッチ!政府専用機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

こちらは、都心の高層ビル群と政府専用機。あと少しでテイクオフです!手前のANAケータリングサービスのトラックがアクセントになっていて、結構気に入ってます。

羽田でキャッチ!政府専用機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO320

RWY16Lへラインアップした政府専用機。遠く霞んだ東京スカイツリーをバックに。この日の羽田から望むスカイツリーは好天の割りには霞んだ感じ。ここに来て飛行機周辺のメラメラが目立ってきました。

羽田でキャッチ!政府専用機

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO320

さぁ!いよいよテイクオフですが、続きは明日アップします。最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください