海バックで撮るスクートのボーイング787!


 山吹色/ホワイト@スクートのボーイング787 

関空のRWY06Rからテイクオフするスクートのボーイング787-8 Dreamliner。成田で散々撮った、山吹色/ホワイトのツートンカラーの機体は関空にも見参!良いね!衝突防止灯の赤い光が地味に写し止められた1枚

flyscoot.com@関空

EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F11・1/1000秒・ISO640

山吹色/ホワイトの色使いのせいか定かではありませんが、何処と無くお菓子のパッケージっぽいスクートのボーイング787。日本国内に乗り入れている海外勢の飛行機の中では、かなり派手な部類に入ると思います。良いね!

flyscoot.com@関空

EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F11・1/1000秒・ISO640

 ド派手な機体と海~スクートのボーイング787 

羽田には乗り入れていないスクート。海バックで撮るスクートのボーイング787は初!成田で撮り慣れた機体を改めていつもと違う海バックで撮るのは、何となく不思議な感じがします。しかし、スクートのド派手な機体には海がよく似合う。最高ですね。

flyscoot.com@関空

EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F11・1/1000秒・ISO500

 関空連絡橋とスクートのボーイング787 

関空連絡橋上空に差し掛かったスクートのボーイング787。カメラを持ち変えて、標準ズームで連写したショット。成田の奥の細道で管制塔絡みを狙うときと同じく、高い!けど、ギリギリ関空連絡橋がフレームイン出来ました。

flyscoot.com@関空

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-70mm F4L IS USM・F11・1/1000秒・ISO640

関空連絡橋上空をほぼ通過したスクートのボーイング787。飛行機も連絡橋をフレーム的にまだ余白はありますが、構図のバランスを考えるとギリギリのショット。

flyscoot.com@関空

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF24-70mm F4L IS USM・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。スクートのボーイング787、ほぼ真後ろからショット。ボーイング787の主翼の撓りがよくわかるショット。尖った黒いお尻とともに、ボーイング787の特徴をよく捉えた1枚です。

flyscoot.com@関空

EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II + EXTENDER EF1.4xⅢ ・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください