夕焼け@羽田の国際ターミナルと富士山の美


 薄っすらと富士山 

12月上旬の羽田。第一ターミナル展望デッキから眺める国際ターミナルビルの風景。少しずつ夕焼けてきた西の空に、薄っすらと富士山のシルエットが浮き上がってきました。感動的な写真が撮れる予感。富士山のシルエットが、もっともっと濃くなるのを期待しながらその時を待ちました。

夕焼け@羽田の国際ターミナルと富士山の美

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8.0・1/125秒・ISO160

夕焼けと富士山写真の最高潮を待つ時、目の前にJALの嵐JETが来た。福岡/羽田線にアサインされていたのね。この飛行機は、JALのエアバスA350-941 4号機。1ヶ月前に新千歳で見た時は、まだノーマル塗装機でした。暗いのに皆ガンガンシャッター切ってる。人気者の飛行機。

夕焼け@羽田の国際ターミナルと富士山の美

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8.0・1/400秒・ISO4000

 西陽と飛行機 

完全に陽が落ちた羽田の空。この日は夕焼けになりそうだと思って、国際ターミナルビルと富士山の写真を撮るためだけに訪れた羽田の第一ターミナル展望デッキ。どんどんオレンジ色に染まっていく空。富士山付近に小さく飛行機が絡みました。いい写真。。

夕焼け@羽田の国際ターミナルと富士山の美

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8.0・1/125秒・ISO1600

時刻は16時38分。もうかれこれ30分以上、第一ターミナル展望デッキで夕焼け&富士山写真を狙っている。国際ターミナルからシンガポールのエアバス350が出てきた。西陽が機体側面全体に当たって輝く飛行機。実際には陽は沈んでいますがメチャクチャ美しい。狙ったわけではありませんが、こういう飛行機写真を狙って撮りにいきたい。

夕焼け@羽田の国際ターミナルと富士山の美

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F7.1・1/100秒・ISO3200

 夕焼けと富士山のクライマックス 

昼間は全然見えなかった羽田から望む富士山。それでもここまでくっきり見えるようになる!夕焼ける読みが見事に当たり。強行して大正解でした。国際ターミナルビル内の灯りも、だんだん明るくなりバランス良い写真になってきたのは17時ちょっと前。良いね。

夕焼け@羽田の国際ターミナルと富士山の美

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8.0・1/50秒・ISO3200

最後の写真。クライマックスとなった17時過ぎ。羽田の空は見事赤く染まり上がりました。最初は本当に富士山が見えるか全然信じてなかったのですが、結果的には見事な夕焼けと富士山の写真が成立しました。ここに空を飛ぶ飛行機が絡んでくると最高ですが、羽田の第一ターミナルからだとゴーアラウンドがない限り無理な話。

夕焼け@羽田の国際ターミナルと富士山の美

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 70-200mm F2.8L IS Ⅱ USM・F8.0・1/30秒・ISO3200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください