ジャンボの離発着を前から狙う~成田空港~


 ジャンボのランディング 

成田で捉えるジャンボのランディングの瞬間。飛行機の豪快なタイヤスモークショットは、何度撮っても良いなと思う。飛行機はNCAのジャンボ(B747-8F)。成田空港第一ターミナル展望デッキから撮影しました。

成田空港第一ターミナル展望デッキで捉えたNCAのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

成田で飛行機のランディングを前から撮ることが出来るのはゴルフ場入口と、飛行機までの距離はありますが、かろうじて十余三東雲の丘。そして、成田空港第一ターミナル展望デッキ。A滑走路側では成田空港第一ターミナル展望デッキが唯一のポイントです。

成田空港第一ターミナル展望デッキで捉えたNCAのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

飛行機写真を順光で撮れる午前中の成田のA滑走路は、着陸は少ない。基本的に成田の着陸はB滑走路となるため、A滑走路に着陸するNCAのジャンボは貴重。第一ターミナル展望デッキ正面を横切るところをアップで捉えました。一時間後の離陸を待ちます。

成田空港第一ターミナル展望デッキで捉えたNCAのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 ジャンボのテイクオフ 

成田空港第一ターミナル展望デッキ前から豪快にエアボーンするNCAのジャンボ。フェンスが邪魔だし、午前中しか飛行機を順光で撮れないので普段あまり行くことはありませんが、目の前でエアボーンする飛行機写真を撮れる成田の第一ターミナル展望デッキは良い!

成田空港第一ターミナル展望デッキで捉えたNCAのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

バカ高い駐車場代を払わないといけないのもネックだよね。。成田空港の外周ポイントでは駐車場代は一切かかりませんが、ターミナルだと羽田並みの駐車場代がかかります。羽田は致し方ないと思いますが、成田で1時間600円は厳しいよね。。

成田空港第一ターミナル展望デッキで捉えたNCAのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真。エクステンダー無しでこれだけ引き付けて上昇する飛行機を撮影出来る、成田の第一ターミナル展望デッキ。さくらの山ひこうきの丘などの成田空港外周ポイントでも飛行機の離陸を捉えることは可能ですが、如何せん距離が遠いです。羽田の展望デッキだと大型の飛行機のエアボーンはほぼ後ろからしか撮れませんが、前から撮れる成田は素晴らしい。

成田空港第一ターミナル展望デッキで捉えたNCAのジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください