エバー航空のエアバスA330@畑ポイント


 めずらしくA滑走路でエバー航空のエアバスA330 

成田空港RWY34L(Runway 34[Three Four]Left)エンド付近の畑ポイントにて撮影したエバー航空のBR198便、エアバスA330-302です。
この写真の撮影ポイント・・・畑ポイント

エバー航空のエアバスA330@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

機体前方側面の「EVA AIR」のグリーンの表記、機体後方のグリーンのラインが美しい。

エバー航空のエアバスA330@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

エバー航空のBR198便の場合、着陸滑走路は基本的にB滑走路ですが、この撮影の時のようにA滑走路に着陸することもよくあります。狙っていたわけではありませんが、偶然来たところを捉えました。成田空港の周回道路上空を通過し、RWY34L(Runway 34[Three Four]Left)へランディング直前のエバー航空のエアバスA330-302をほぼ真横から。畑ポイントは良いなぁ。。

エバー航空のエアバスA330@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

今まで私が狙っているのとは反対側の滑走路へ着陸してしまうことが多かったのですが、何故かココ最近は私が行く方の滑走路へ着陸してくれることが多い、エバー航空のエアバスA330-302。

エバー航空のエアバスA330@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

 畑ポイントならではの管制塔絡み~エバー航空のA330 

成田空港の管制塔を絡めたショット。着陸の直前に残念ながら太陽が雲に隠れてしまいました。空の青色が白飛びしないように機体部分のみPhotoshopで選択範囲を作り露出補正しました。地上に写っているのは、エプロンエリアに駐機していたアシアナ航空のジャンボジェット(ボーイング747)。エアバスA380の機材変更で仁川/成田線に入っていました。

エバー航空のエアバスA330@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

最後の写真は、滑走路へのタッチダウンショット。タイヤスモークがだいぶ控え目な感じでした。重量が軽かったのか、はたまたパイロットの腕が良いのか。右端に写っている赤白の鉄塔みたいなヤツが邪魔になってしまいました。

エバー航空のエアバスA330@畑ポイント

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・畑ポイント

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください