松山遠征の終演~飛行機写真


 松山空港の展望デッキより 

週末の松山。丸一日松山空港周辺で飛行機写真を撮って過ごし、戻ってきたターミナル。展望デッキに出ると、ちょうどANA NH596便のプッシュバックが始まるところ。西日が飛行機の左側を照らし、美しく輝いていた。

松山遠征の終演~飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/200秒・ISO200

この飛行機の撮影時刻は17時11分。時刻表よりも4分早い出発となったANA B787。スーッと真っ直ぐ下がり始めた機体は、さらに美しく輝く。朝撮った青空バックのB787も美しかったけど、夕陽を背負った飛行機写真はやはり美しい。

松山遠征の終演~飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/320秒・ISO800

 飛行機の光と陰 

RWY32方向、東側へ機首を向けてプッシュバックするANA B787。コクピット後方に玉のようなハイライトが入った。これは珍しく、そして美しい。エンジン上部に出来た光と陰のコントラスト。もっとこういう時間帯を狙って飛行機写真を撮りに行かねば、と強く思う。

松山遠征の終演~飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/1000秒・ISO1600

松山空港のエプロンにJAL B737が入ってきた。羽田からのJL437便だね。飛行機の左サイドに一筋のハイライトが出来た。飛行機写真のこういうハイライトの着き方も好き。乗っている人は眩しいだろうな。。

松山遠征の終焉~飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F8.0・1/400秒・ISO1000

 夕陽と飛行機写真 

ANA NH596便が松山空港RWY32からテイクオフ。展望デッキの一番東端に移動してカメラを構えた。朝展望デッキで撮ったANA B787は、エアボーン直後に建物の向こうに隠れてしまったので、その反省を活かした飛行機写真。海に浮かぶ島々のシルエットもキレイに入った。

松山遠征の終焉~飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F5.6・1/640秒・ISO500

最後の写真。ANA NH596便のテイクオフから25分。空が良い感じに焼けてきたところ。ピーチのMM310便のプッシュバックが絡んだ。この日夕陽と絡んだ飛行機はこの瞬間のみ。ピーチのエアバスA320がテイクオフする前に、太陽は姿を隠してしまった。

松山遠征の終焉~飛行機写真

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F5.6・1/640秒・ISO200

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

松山空港の飛行機写真撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください