成田っぽい風景とチャイナエアのA350!


 野球場ポイントにて 

チャイナエアラインのCI100便に入ったエアバスA350-941。ここ暫く、この便の飛行機はエアバスA350アサインが続きます。関空遠征でも撮りまくった飛行機ですが、やはりチャイナエアラインのエアバスA350は、野球場ポイントで撮りたいかな。。

成田っぽい風景とチャイナエアのA350!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

飛行機によく光が当たってくれました。成田 野球場ポイントでチャイナエアラインのエアバスA350を撮るのは何度目だろうか。カーボンの特別塗装機の時もありました。野球場ポイントでは、僕はいつももっと高速道路寄りで飛行機を撮ってますが、今回は少し立ち位置を北側の方へ変えてみました。

成田っぽい風景とチャイナエアのA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

 成田の進入誘導灯と飛行機 

野球場ポイント北側の方だと高速道路横切りショットは撮れませんが、成田っぽくガッツリ、畑と成田の進入誘導灯を絡めた飛行機写真が成立します。真夏の成田、強烈な日差しに耐えながら飛行機を追った8月の午後。畑の緑も良い色してるでしょ。

成田っぽい風景とチャイナエアのA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

Flyteamの時刻表を見る限り、今のところジャンボ(B747)の登場は無さそうなチャイナエアラインの成田線 CI100便。チャイナエアラインのシンボル、垂直尾翼の梅が心なしかメッチャ赤く燃えているように見えます。良いね!

成田っぽい風景とチャイナエアのA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

 掘っ立て小屋と飛行機 

畑の緑の向こうに見え隠れする成田の赤い進入誘導灯。チラッとフレームインした掘っ立て小屋。この小屋と飛行機の組み合わせが何とも言えませんね。掘っ立て小屋と「梅」のマッチアップ、というのが面白い。。

成田っぽい風景とチャイナエアのA350!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

最後の写真。野球場周辺の森の上に差し掛かったチャイナエアラインのエアバスA350。飛行機がこのあたりまで来ると、微妙に電線が被ってきたりします。今回飛行機には被らなかったのですが、目障りだったのでPhotoshopの塗り潰しで消しました。

成田っぽい風景とチャイナエアのA350!

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください