青い空と海、そして白い雲~B777~羽田


 海上から飛行機~ANAのB777 

青い空と海、そして白い雲、アプローチしてくる飛行機はANAのB777(トリプルセブン)。ココは羽田空港のRWY22エンド付近、海上から撮影した飛行機ショットです。既に進入機には着陸許可が出ているところ。城南島上空付近を通過し、着陸態勢に入るANAのB777。

羽田の海上からANAのB777を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

羽田空港の赤い進入誘導灯とANAのB777。やっぱ飛行機写真は大型機が良い!似たような写真はつばさ公園からでも撮れますが、飛行機の軌道に近い分丘の上からのショットとはひと味違う世界感を出すことが出来る。

羽田の海上からANAのB777を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 限られた時間内にGetするB777 

結構高度高い。B777クラスでないと絵的に、と言うかバランス的にと言うか、このサイズ以下の機材だと厳しいですね。羽田といえど、そんなにバンバンANAやJALとかのB777が来るわけではないので、限られた滞在時間内にGetしたショットです。

羽田の海上からANAのB777を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

展望デッキからエプロンエリアを見ていると、結構沢山B777いますけど、それ以上にB767やB737が展望デッキから見えない所にいるということ。海上にはチラホラ水上バイク。飛行機見物しに来たとしか思えない状態で留まっています。

羽田の海上からANAのB777を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 ほぼEF100-400mm~羽田の飛行機撮影 

進入誘導灯を絡めてもだいぶ飛行機を大きくフレーミング出来る高度まで来たANAのB777。かなり距離が近い感覚ですが、それでもレンズはEF100-400mm。成田だとEF24-105mmやEF70-200mmを使用することもありますが、羽田ではほぼEF100-400mmしか使いません。

羽田の海上からANAのB777を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

最後の写真。羽田空港の管制塔とANAのB777。着陸機と管制塔をこんな風に絡めたショットが撮れるのは、羽田のRWY22エンド付近では海上からしかありません。垂直尾翼の向こうに豆粒のように写っている塊は、鳥かと思いましたがどうやらRWY16Lから離陸した飛行機。海上からの撮影は面白い!

羽田の海上からANAのB777を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・クルーズ船上
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください