アエロメヒコのB787をさくらの丘で追う


 低空飛行で成田を。。

成田空港RWY16Rからメキシコシティへ向けてテイクオフした飛行機。成田からの最長飛行距離を誇る、アエロメヒコのB787-8 Dreamliner。さくらの丘から狙ったショットは、想定よりもかなり高め。いつも低空飛行のこの飛行機に何が。。

アエロメヒコのB787をさくらの丘で追う~成田

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

成田発14時25分、メキシコシティ着は翌日の12時50分。アエロメヒコのAM57便。飛行時間は12時間オーバー。相当量の燃料を搭載していると思われます。スイスのA340並みの低空飛行で成田の管制塔バックの飛行機写真、の期待は泡。

アエロメヒコのB787をさくらの丘で追う~成田

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 アエロメヒコのペイント 

さくらの丘展望広場正面を通過する、アエロメヒコのB787。飛行機がちょうど真横を向きました。ホワイトカラーに「AEROMEXICO」、その下に赤い並々のライン。ダークブルーにペイントされた垂直尾翼にはインディアンの横顔。シンプルですが個性溢れる飛行機が今日も成田を発つ。

アエロメヒコのB787をさくらの丘で追う~成田

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

垂直尾翼の頂上をよく見ると赤いワンポイント。ボディの並々ラインと同色でペイントされています。お洒落ですね。ダークブルーの垂直尾翼にはホワイトペイント部との中間にスカイブルーのペイントが少し噛ませてあります。そしてココも並々ライン。細かいところまで計算されたペイントのアエロメヒコの飛行機。

アエロメヒコのB787をさくらの丘で追う~成田

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

 アエロメヒコのB777 

ギア格納完了した、アエロメヒコのB787。B787のイメージしかないアエロメヒコの飛行機ですが、B777も少数ながら保有しているようです。これらはいずれB787に置き換わる予定で、成田で見られることはなさそうですね。

アエロメヒコのB787をさくらの丘で追う~成田

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

最後の写真。成田空港からテイクオフした飛行機は、軽く左へ旋回しながら高度を上げ、ひこうきの丘上空過ぎあたりで直進状態になります。これが旋回が落ち着いた状態のアエロメヒコのB787。うーん、格好良いですね。。

アエロメヒコのB787をさくらの丘で追う~成田

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・三里塚さくらの丘
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください