羽田空港の国際ターミナルで捉えるA350


 シンガポール航空のエアバスA350 

羽田空港の国際ターミナル展望デッキにて。プッシュバックされるシンガポール航空のエアバスA350-941。トーイングカーがいてマーシャラーもいる、日常的な空港の風景ですが、抜群に絵になるのがシンガポール航空のエアバスA350!

シンガポール航空のエアバスA350@国際ターミナル/羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

ヘディング ノース でプッシュバックされるシンガポール航空のエアバスA350-941。羽田の国際ターミナル展望デッキからプッシュバックされる飛行機を正面からまともに狙えるのは、ANAやJAL以外の海外勢ではシンガポールとエバーくらい。

シンガポール航空のエアバスA350@国際ターミナル/羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

 貴重!シンガポール航空のエアバスA350 

シンガポール航空のエアバスA350の機種をアップでいってみました。前述のとおり、国際ターミナル展望デッキ前はANAが大勢を占め、JALもチョロチョロいますが、海外勢の多くは展望デッキから見えない北ウィングの北側に駐機するケースが多いです。そのため海外勢の機材をトーイングカー付きの状態でアップで撮れる、シンガポール航空のエアバスA350は貴重です。

シンガポール航空のエアバスA350@国際ターミナル/羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

トーイングカーが外れ、シンガポール航空のエアバスA350がエンジン始動開始です。手前には手を振るマーシャラー。これもよく見慣れた光景ですが、空港へ行かないと見れない光景。空港敷地外からの撮影の方が多い私的には新鮮かも。。

シンガポール航空のエアバスA350@国際ターミナル/羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

シンガポール航空のエアバスA350を左やや斜め後方から捉えたショット。飛行機全体をフレームインさせながら、この日最も機体を大きく捉えたショットです。偶然!にもこの角度で撮ったからです。。

シンガポール航空のエアバスA350@国際ターミナル/羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1250

最後の写真。遠くにスカイツリーを望みながら、エプロンエリアを出ていくシンガポール航空のエアバスA350の後ろ姿。画面左隅に自動車がいますが、こうして見ると飛行機はやはりデカイ!

シンガポール航空のエアバスA350@国際ターミナル/羽田

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1600

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・国際ターミナル展望デッキ

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください