珍しくBランで撮る!シャーメンのB787


 野球場ポイントにて 

機体を少し右に揺らされながらアプローチしてくる飛行機。大きく撓る翼は当然健在、シャーメンエアーのB787。スカイブルーの垂直尾翼、さらにお腹もスカイブルー。コノ印象的な飛行機を、野球場ポイントで捉えました。

珍しくBランで撮る!シャーメンのB787

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO320

成田ではAラン降りが多いシャーメンエアーの飛行機。この日は珍しくBラン着陸となり、野球場ポイントで撮ったのは初。特に毎回パイロットから、Aランリクエストを出しているようには思えません。Bランと言われれば素直にBランに行くのかな。パイロットによるのかもしれません。

珍しくBランで撮る!シャーメンのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

 エティハドとシャーメン 

昼ちょっと過ぎの成田で、まだ到着ラッシュが始まってないのにAラン降りが多いのは、エティハドとシャーメンのB787。エティハドのB787も何度かBラン側で撮りましたが、エティハド以上に珍しい気がするこの飛行機。

珍しくBランで撮る!シャーメンのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

お腹の部分は、よく見ると2色のブルーを使用しているシャーメンエアーの飛行機。飛行機は、周囲の畑と絶妙な距離感で飛んでくる。陸上空港の成田は、こういった自然風景を絡めた写真を撮れるポイントが数多くあるのが良いね。

珍しくBランで撮る!シャーメンのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

 野球場ポイントと電線 

畑の中にポツンと佇む小屋の向こうを通過し、いよいよ成田のRWY16Lへランディング直前のシャーメンエアーのB787。このあたりでカメラを望遠レンズを着けた5DⅣへ持ち変え、飛び去る飛行機を追っかけます。

珍しくBランで撮る!シャーメンのB787

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF24-105mm F4L IS II USM・F11・1/1000秒・ISO400

最後の写真。フツウに道端で行う野球場ポイントの飛行機撮影は、電線との格闘が付き物。立ち位置もしかりですが、少し腰を落としたり電線を避ける努力が必要。Photoshopで消す場合もあります。最後の写真はどうしても電線が飛行機のすぐ上に入ってしまうので、Photoshopで消しました。

珍しくBランで撮る!シャーメンのB787

CANON EOS 5D-MarkⅣ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・野球場ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください