ベトナムA350の美しさ@つばさ公園にて


 つばさ公園で4回目 

かれこれ、これで12回目となる、羽田空港で写真撮影したベトナム航空のエアバスA350。だって好きなんだもん、この飛行機。全部違う場所で撮ったものですが、我ながら羽田でよくそれだけ同じ飛行機の写真を撮る場所を考えたもんだ。今回はつばさ公園です。

ベトナムA350はやっぱ美しい@羽田にて

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

つばさ公園やつばさ公園周辺で、ベトナム航空のエアバスA350の写真を撮ったのは3回目。海の上から撮った写真を含めると4回目。同じような場所でも、ちょっと目線を変えれば全く違う飛行機写真になる。だから飛行機写真は面白い。

ベトナムA350はやっぱ美しい@羽田にて

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO400

あまり飛行機写真好きの人が来ない、つばさ公園の思いっきり羽田空港寄りのポイント。駐機中の飛行機を絡めながら、到着機のランディングシーンの写真が撮れる。展望デッキと違って照明灯ポールは邪魔にならないし、低い目線から飛行機写真が撮れる。

ベトナムA350はやっぱ美しい@羽田にて

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 ベトナム航空の気品 

話題が撮影場所の方ばかりにいってしまいましたが、タイトルのベトナム航空のエアバスA350の美しさについてそろそろ触れますか。ターコイズブルーのその飛行機は、エアバスA350でなくとも美しい。B787も良いよね。只でさえ格好良いのに、エアバスA350だったら最高でしょ。

ベトナムA350はやっぱ美しい@羽田にて

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

1時間後。国際ターミナル北ウィングから出てきたベトナムのエアバスA350。タキシーウェイを走る姿も美しい。ターコイズブルーとゴールドのマッチングが高級感を漂わせています。こういう気品の良さは他のエアラインにはない、ベトナム航空の飛行機のアドバンテージかな。

ベトナムA350はやっぱ美しい@羽田にて

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO800

最後の写真。羽田空港RWY16Rにラインアップしたベトナム航空のエアバスA350。RWY16Rにラインアップする飛行機を、つばさ公園からこのアングル撮れるということは、羽田の新飛行ルートではRWY16Rにランディングする飛行機はつばさ公園のすぐ頭上を通るはず。但し、午前のみ順光になると思われます。

ベトナムA350はやっぱ美しい@羽田にて

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO1000

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・京浜島つばさ公園
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください