JAL 2020ジェット2号機を捉える!


 キリンを越えてくる飛行機 

ココは羽田空港RWY22エンド付近。京浜島つばさ公園。東の方を眺めると、青海埠頭上空を越えて白い飛行機がアプローチしてくる。JALのB767だ。眼下には巨大な青いキリン。海には小さなクルーズ船。羽田を象徴するような、キリンを越えて飛んでくる飛行機写真。

JAL 2020ジェット2号機を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

羽田の赤い進入灯の上に差し掛かるJALのB767。奥には後続の飛行機が見えます。JALのB767は、特別塗装機。国内線専用機に特別塗装を施す場合、JALは結構B767を使うよね。色々な地域に飛ばしやすいからだろうか。理由はわかりません。

JAL 2020ジェット2号機を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

 JALにしては派手な特別塗装機 

さて、この特別塗装機の正体は、JAL 2020ジェット2号機。東京オリンピック/パラリンピックのキャラクターを機体全体に描いた飛行機。1号機が大人しめに機体後方のみのペイントだったのに対し、2号機はJALにしてはかなり派手です。良いね!

JAL 2020ジェット2号機を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

ほぼ同じようなアングルのJAL 2020ジェット2号機の写真が2枚(3枚目と4枚目)。違いは手前にANA トリプルセブンがいるかいないかですが、手前に飛行機がいない方がシンプルですっきりしています。でも、僕は手前に飛行機がいる写真の方が好きだったりします。

JAL 2020ジェット2号機を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO500

 飛行機後方のピンクラインは。。

真横から見たJAL 2020ジェット2号機。飛行機後方のピンクのラインは何だろうか、と思いましたが、陸上トラックかな?しかしこの派手さ、最近のJALの特別塗装機では、ディズニーのセレブレーションエクスプレス並みに好きかな。。

JAL 2020ジェット2号機を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後の写真。羽田の管制塔とJAL 2020ジェット2号機 B767。写真の奥には小さくRWY16Lからテイクオフした飛行機が写っています。拡大してみると、この飛行機はアメリカン航空のB777。こんだけ小さくても、何となく外国の飛行機っぽさが伝わってきます。中々良い組み合わせです。

JAL 2020ジェット2号機を捉える!

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F11・1/1000秒・ISO640

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・京浜島つばさ公園
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*