手の届きそうな迫力!白ジャンボが凄いぞっ


 さくらの山上空を通過する白ジャンボ 

成田のRWY16Rへファイナルアプローチする白ジャンボ!!手の届きそうな低空でさくらの山上空を通過する白ジャンボ!さくらの山展望広場の下側から捉えました。
手を出したら触れそうでしょ?こういうの面白いと思いません?
こういう写真が撮れるのも成田の魅力の一つかな。。

手の届きそうな迫力!白ジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1250秒・ISO320

実際には全然手が届くわけではありませんが。。日本国内では成田でしか見れない?白ジャンボのこの迫力は特筆モノですね。千葉県に住んでいて良かった!っと思う瞬間。これまでサンザン撮った白ジャンボですが、このショットは凄いでしょ!

手の届きそうな迫力!白ジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1250秒・ISO250

これ、超真夏の8月中旬に撮った白ジャンボです。背景の空は見事な真っ青!適度に雲が散って手前には緑の草っ葉。色やフレームバランス的に良い写真になりましたかね。。白ジャンボ、素晴らしいでしょ!

手の届きそうな迫力!白ジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1250秒・ISO250

 この白ジャンボはキレイ。。

この白ジャンボの機体番号(レジ)はN407KZ、元々NCA(日本貨物航空)が所有していたB747-400F。2016年11月にウィルミントン・トラスト・カンパニーへ譲渡されアトラス航空により運用されています。

手の届きそうな迫力!白ジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1250秒・ISO250

張りぼてが多い白ジャンボですが、このN407KZはキレイですね。よく見ると機首(コクピットのすぐ下あたり)に「Operated By ATLAS AIR INC.」と書いてあります。

手の届きそうな迫力!白ジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1250秒・ISO250

 成田のRWY16Rへ~白ジャンボ 

最後の写真。成田のRWY16Rへランディング直前の白ジャンボ。右端に僅かだけマロウドホテルの焦げ茶色の建屋。貨物機なので、コクピット以外に全く窓が無いから全身真っ白い機体がより際立つのかな。。

手の届きそうな迫力!白ジャンボ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1250秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・さくらの山

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください