照明灯のポールとタイのスタアラジャンボ!


 国際ターミナルより~タイ国際航空のジャンボ 

羽田空港の国際ターミナル展望デッキで捉えた、タイ国際航空のジャンボ(B747-4D7)。この日のTG682/TG683便は、スターアライアンス塗装機!1枚目の写真はRWY16Rにラインアップしたところ。天候今一つでバックのスカイツリーはほとんど見えていません。

タイ国際航空のB747@羽田の国際ターミナル展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

離陸滑走を始めたタイ国際航空のジャンボ。管制塔バックで撮りたかったところですが、手前に照明灯のポールが被り、今回は没。第一ターミナルビルをバックにしたショットを採用です。

タイ国際航空のB747@羽田の国際ターミナル展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

 ザ・エアボーン by タイ国際航空のジャンボ 

ヘッドアップしたタイ国際航空のジャンボ。天候今一つと言いながらも、機体には柔らかく光が回っていました。定刻で10時35分出発のTG683便が実際に離陸するのは、だいたい11時前後。国際ターミナル側からA滑走路上の飛行機を撮ると、ギリギリ順光になっているかどうかのタイミングですが、ほぼ機体に影は出来ていませんね。

タイ国際航空のB747@羽田の国際ターミナル展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

ザ・エアボーン by タイ国際航空のジャンボ。右側エンジンのジェットブラストが背景をぼやかす雰囲気が良いですね。機体は3分割構造の上部にフレーミングし、画面手前に国際ターミナルエプロンエリアの風景を取り込みました。こういうのも良いでしょ!

タイ国際航空のB747@羽田の国際ターミナル展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO250

 前ボケ気味に照明灯のポール~タイ国際航空のジャンボ 

ANAの格納庫前を通過するタイ国際航空のジャンボ。地上風景を絡めたショットが撮れるのはこのあたりまで。多少手前に障害物が入っても、ここまで順調にショットを重ねられれば心の中で「良し!」と叫べます。

タイ国際航空のB747@羽田の国際ターミナル展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO200

最後の写真。上昇するタイ国際航空のジャンボの手前に前ボケ気味に照明灯のポールが入りました。ターミナル展望デッキからの撮影で大敵となる照明灯のポールも、こういう使い方であれば悪くないですね。

タイ国際航空のB747@羽田の国際ターミナル展望デッキ

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8・1/1000秒・ISO160

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・国際ターミナル展望デッキ

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください