JAL B737をココで撮る@松山


 太陽の位置と松山で撮る飛行機 

2月下旬の午前、松山空港のRWY14からテイクオフするJAL B737。狙うのは南吉田第二公園。エアフロントオアシスとも言うらしい。確かにオアシスかもね。僕以外誰もいない木製の展望デッキから望遠レンズを構えました。

JAL B737をココで撮る@松山

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

ギリ順光で撮れそうだった10時過ぎ。太陽の位置がちょっと怪しくなってきていた。一本前のANA B787だったらいけていましたが、10時をまわると飛行機の上部付近に光が差している程度になります。この日南吉田第二公園で撮った飛行機は、この1機のみとなりました。

JAL B737をココで撮る@松山

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO640

 B737のイメージ 

ようやくノーズを上げ始めたJAL B737。イメージよりもだいぶ遅い。南吉田第二公園からは、RWY32エンドまで歩いてすぐそこですが、こんなに引っ張るとは。もうちょっと前からノーズアップを撮れたら良かった。

JAL B737をココで撮る@松山

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

飛行機は南吉田第二公園のほぼほぼ正面でエアボーン。松山空港の展望デッキから見ていても、B737クラス以上の飛行機はだいたい同じようなあたりから浮き上がりだしているように思われます。

JAL B737をココで撮る@松山

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO800

 飛行機の高さ@松山 

地図で見ると滑走路反対側の空港南第二公園は、南吉田第二公園のほぼ正面。空港南第二公園だとRWY14上がりの飛行機は、正面を通過する時にはかなり高い位置にいます。ほんの僅かな場所の違いでかなり変わってくる飛行機の高さということか。

JAL B737をココで撮る@松山

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO400

最後の写真。完全に逆光で撮った感じの飛行機写真になりました。飛行機は太陽に向かって飛んでいくわけではないので、動けば光の当たり方も変わってくる。着陸シーンだとだんだん光がしっかり当たってきて面白そうですね。

JAL B737をココで撮る@松山

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

松山空港の飛行機写真撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください