畑ポイント~シンガポールのB787-10


 成田では今のところ唯一のB787-10 

成田空港のRWY34Lへ向かうシンガポール航空のB787-10。畑ポイントから撮影しました。一枚目の写真のみメッチャ影った。。B777やA330を見慣れたシンガポール航空の機材。羽田に一日一便のA350は、羽田の目玉だと思っていますが、成田では今のところ唯一のB787-10を乗り入れるシンガポール航空、良いね!

畑ポイントにて~シンガポール航空のB787-10

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO320

成田空港のRWY34L手前で待機する、シンガポール航空のB787-10。機体に陽が当たりだしました。今年の秋の週末は天候が安定しない日が多かったですね。この時は周囲はあまり陽が当たっていませんが、シンガポール航空のB787-10にはスポットライトのようにしっかり陽が当たっています。

畑ポイントにて~シンガポール航空のB787-10

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO160

 B787-10とA350~シンガポール航空 

成田空港のRWY34Lに進入する、シンガポール航空のB787-10。少し長めのB787-10の機体。関空、成田、中部に続いて12月から福岡線にも就航しているらしい。羽田線は無いのかな。。個人的には成田にA350が来て欲しいところではありますが。。

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO160

成田空港のRWY34Lにラインアップ&ウェイト状態のシンガポール航空のB787-10。後ろにJALのB787が見えますね。B787-8かB787-9かわかりませんが、結構長さ違うように見えますよね。遠近法が効いてることを差し引いても。。

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO125

 成田の管制塔とB787-10 

離陸滑走を開始したシンガポール航空のB787-10。畑ポイントでこのアングルから見るB787はやっぱ格好良いでしょ。午前の出発ラッシュタイムだけに後ろに飛行機が入りまくります。成田空港のA滑走路側の撮影ポイントでは、手前に飛行機が被ることはありません。

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO125

最後の写真。最後はやっぱり成田空港の管制塔絡みで終わりたい。シンガポール航空のB787-10の美しい後ろ姿と成田空港の管制塔を畑ポイントより。機体に陽がちゃんと当たっている割には管制塔が霞んでいる天候でした。

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/800秒・ISO160

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・畑ポイント
他の成田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください