シンガポール航空のエアバスA380@芝山水辺の里


 成田で捉えたシンガポール航空のA380 

シンガポール航空のエアバスA380-841。今回は成田の「芝山水辺の里」で撮影しました。
この写真の撮影ポイント・・・芝山水辺の里

成田芝山水辺の里付近よりシンガポール航空のエアバスA380

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO320

この日のシンガポール航空SQ638便は、定刻の午前7時30分から約30分遅れの到着でした。
成田空港のRWY34L(Runway 34[Three Four]Left)へファイナルアプローチするシンガポール航空のエアバスA380-841。
背景は、雲一つ無い抜けるような青空。朝陽が機体を強烈に照らしています。

成田芝山水辺の里付近よりシンガポール航空のエアバスA380

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO400

この日の成田空港は終日北風運用。午前7時台だと、どうしても機体前方に影ができます。Lightroomで少しシャドウを起こしました。

成田芝山水辺の里付近よりシンガポール航空のエアバスA380

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

シンガポール航空のエアバスA380のほぼ真横からショット。EF100-400mmのワイド端でギリギリフレームに入りました!この直前に来たキャセイパシフィックカーゴのB747がギリギリだったので、どうかな?と思ってましたが何とかなりました。

1週間前にひこうきの丘でシンガポール航空のエアバスA380を撮影した時は、真横からのショットでは機体がフレームからギリギリはみ出ました。飛行機の通り道に一番近い柵の所で撮ったからかもしれませんが、少し下がれば入ったかもしれません。

成田芝山水辺の里付近よりシンガポール航空のエアバスA380

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

最後の写真は、機体やや斜め後方からのショット。芝山水辺の里での撮影では、これより先はご覧のように電線が邪魔になり、さらにその先は、機体が丘に隠れてしまいます。これは、このポイントがひこうきの丘やさくらの山のように小高い場所ではないため致し方ありません。

成田芝山水辺の里付近よりシンガポール航空のエアバスA380

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II ・F11・1/1000秒・ISO640

 撮影ポイントについて~芝山水辺の里 

早朝に成田空港のA滑走路に進入する機体を、順光で撮れる場所自体があまり無いわけで、シンガポール航空のSQ638便のエアバスA380は、此処で狙うしかないかなと思います。日曜日の朝でしたが私を含めて10人弱のカメラマンの方がいました。

シンガポール航空のSQ638便が、エアバスA380で運航される今月末までにあと2回くらいは成田に行けると思います。まだテイクオフシーンをとっていないので、成田空港が北風運用の時に奥の細道やさくらの山で撮影したいと思います。

最後までお読み頂き有難う御座います。それでは、また!!
この写真の撮影ポイント・・・芝山水辺の里

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください