逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る


 ガリバーズデッキの午後 

羽田空港第一ターミナル展望デッキ。この場所で午後、飛行機写真を撮る人は少ない。理由は逆光だから。セオリーを無視して、ガリバーズデッキに行ってみると、意外と面白い飛行機写真が撮れる。アプローチしてきた飛行機はANAのB787。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO160

このシチュエーションにうってつけの飛行機がやって来た。両翼をしならせたボーイングの雄。背景の東京湾が逆光で輝いていますね。この後、さらに感動的な羽田の海の景色が飛行機の背景に入ってくることになります。飛行機写真って良いね。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

 正解のガリバーズデッキ 

第一ターミナル6Fの展望デッキではなく、一つ上のガリバーズデッキに上がって撮ったこれらの飛行機写真。6Fで撮ると羽田の赤い進入誘導灯の手前に照明灯ポールが被ってきます。ガリバーズデッキに上がって正解。ガリバーズデッキで飛行機写真を撮る人は少ないですが、悪くないですよ。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO200

羽田のRWY34Lへタッチダウン直前のANA B787。背景の海は超キラキラ。お昼前後の第一ターミナル展望デッキですが、この超キラキラの海が飛行機の背景に入ってくる時間帯はほんの僅か。うーん、美しい。。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

 発想を変えた飛行機写真を 

周囲に望遠レンズを付けたカメラを持っているのは僕だけ。他の人は、第二ターミナルや国際ターミナルで飛行機を撮っているのだろうか。普通に飛行機を撮っているだけでは飽きてくる。たまには少し発想を変えて飛行機に迫りたい。。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後の写真。キラキラ海をバックにANA B787のタイヤスモークシーン。控えめなスモークは、バックのキラキラ海とのバランスを見るとかえって良かったかも。近いうちにJALのエアバスA350でこのシーンにトライしたい。

逆光を使いキラキラ海バックの飛行機を撮る

CANON EOS 1D-X MarkⅡ・EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II・F8.0・1/1000秒・ISO250

最後までお読み頂き有難うございます。それでは、また!!

この写真の撮影ポイント・・・第一ターミナル展望デッキ
他の羽田飛行機撮影ポイントを見る

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください